クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

橋本マナミに、おじさまたちは「メゾン・ド・エロス」 『メゾン・ド・ポリス』第3話

エンタメ

  • twitter
  • facebook
橋本マナミ
橋本マナミ クランクイン!

 女優の高畑充希が主演を務めるドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系/毎週金曜22時)の第3話が25日に放送された。美人編集者(橋本マナミ)を西島秀俊、角野卓造、野口五郎ら“おじさま”たちがチヤホヤする様子を「メゾン・ド・エロス」と呼んだひより(高畑)に対し、視聴者からは「格差社会に荒ぶるひよっこ刑事」「メゾンドエロスが頭から離れない」と話題を呼んでいる。

【写真】橋本マナミにおじさまたちはメロメロ 『メゾン・ド・ポリス』第3話フォトギャラリー

 本作は、柳町北署の新人刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありのおじさまたちに振り回されながらも事件を解決していく姿を、1話完結で描く刑事ドラマ。

 ひよりの所属する柳町北署管轄内にあるマンション建設予定地で、猫が殺害される事件が相次いで発生。猫の死体に青いペンキがかけられていたため、通称「青猫事件」と呼ばれていた。

 刑事課長の新木(戸田昌宏)から、この事件の捜査を、メゾンに回すよう指示されたひよりは、事件のあらましを元刑事のおじさまたちに説明。だが、当のおじさまたちは全くやる気を示さない。そこに、区の広報誌編集者・大槻仁美(橋本)がやってくる。「青猫事件」を誌面で取り上げたところ、犯行予告が編集部に届いたのだが、警察が取り合ってくれず、メゾンに相談に来たという。するとメゾンの住人、藤堂(野口五郎)らの態度が一変、全力で「青猫事件」の捜査に協力することになるのだが…。

 おじさまたちの、仁美に対する露骨な態度と、自分が放っておかれたような気になってしまったひよりはその夜、居酒屋で「メゾン・ド・エロスの色ボケジジイどもが!」と、くだを巻いていた。「結局あの人たちは、かわいい女子の前でカッコつけたいだけなんですよ」「夏目さんも間違いないですよ。ひとみちゃんに私には見せたことない柔和な笑みを浮かべていましたから!」と憤慨する。このシーンには視聴者から「メゾンドエロスって語呂がイイね!!!」「メゾンドエロスわろたwww」と大反響。「ひとり色っぽい女性を投入すると、おじ様たちは…こうなるのね」「ひよこ主任が愚痴る」など、ひよりに共感する声も多数寄せられている。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

クランクイン!トレンド最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access