クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『ハンターキラー』潜水艦アクションの魅力凝縮! 緊迫の本編シーン公開

映画

  • twitter
  • facebook
『ハンターキラー 潜航せよ』場面写真
『ハンターキラー 潜航せよ』場面写真(C)2018 Hunter Killer Productions, Inc.

 俳優のジェラルド・バトラーが主演を務める映画『ハンターキラー 潜航せよ』より、アメリカの潜水艦とロシアの潜水艦が海の下で激しい交戦を繰り広げる、緊迫感と迫力に満ちた本編映像が公開された。

【写真】『ハンターキラー 潜航せよ』場面写真&ポスタービジュアル

 元米海軍潜水艦艦長の原作小説を基にした本作は、米国防総省と米海軍全面協力のもと、映画『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣により実現した潜水艦アクション。

 ロシアで大統領が拘束されるクーデターが勃発し、第三次世界大戦開戦の危機が訪れる。世界の運命をかけ、ジョー・グラス艦長(ジェラルド)率いる米海軍攻撃型原子力潜水艦“ハンターキラー”と特殊部隊ネイビーシールズに、「ロシア大統領を救出せよ」という前代未聞のミッションがくだる。

 グラス艦長を演じるジェラルドは、撮影前にパール・ハーバーへ行き、実際に潜水艦に乗船して海に出るなど万全の態勢でこの役に挑んだという。ジェラルドは「グラス艦長に惹かれたのは、極めて重大な決断を迫られている人物だからだ」と演じた役柄の魅力を説明した上で、「彼の決断はこの先何百年も世界に影響し、即座に第三次世界大戦を引き起こす恐れもある。究極に危険な賭けに出ているんだ」と指摘している。

 公開された本編映像では、ハンターキラーからわずか260mの距離に迫ったロシア原潜が、魚雷2発を放つ場面をピックアップ。

 ハンターキラーはとっさに囮を用意して攻撃をかわすも、敵艦の背後にあるぶ厚い氷が邪魔し、迎撃に打って出ることができない。そこで、グラス艦長は魚雷の進行方向を変えることにより、敵艦を見事捕捉。魚雷が命中した敵艦は氷ごと上空に大きく爆発し、ハンターキラーの乗組員は歓喜の声を上げるが、まだ生きていた敵の魚雷がグラス艦長らを襲う。

 こうした一連のやり取りが約150秒の中に収められており、潜水艦アクションの緊迫感と迫力が凝縮されたダイナミックな内容となっている。

 映画『ハンターキラー 潜航せよ』は4月12日より全国公開。

映画『ハンターキラー 潜航せよ』緊迫の本編映像

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access