クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『ハンターキラー 潜航せよ』ネイビーシールズ決死の救出劇が激アツ! 本編公開

映画

  • twitter
  • facebook
『ハンターキラー 潜航せよ』場面写真
『ハンターキラー 潜航せよ』場面写真(C)2018 Hunter Killer Productions, Inc.

 俳優のジェラルド・バトラーが主演を務める映画『ハンターキラー 潜航せよ』より、特殊部隊ネイビーシールズの決死の任務や激しい銃撃戦を捉えた本編映像が解禁された。

【写真】『ハンターキラー 潜航せよ』場面写真

 元米海軍潜水艦艦長の原作小説を基にした本作は、米国防総省と米海軍全面協力のもと、映画『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣により実現した潜水艦アクション。

 ロシアで大統領が拘束されるクーデターが勃発し、第三次世界大戦開戦の危機が訪れる。世界の運命をかけ、ジョー・グラス艦長率いる米海軍攻撃型原子力潜水艦ハンターキラーと特殊部隊ネイビーシールズに、「ロシア大統領を救出せよ」という前代未聞のミッションがくだる。

 解禁となった本編映像では、グラス艦長率いる攻撃型原子力潜水艦ハンターキラーが消息不明となった米海軍原潜を捜索するためにロシアのバレンツ海コラ半島沖を潜航していた頃、ロシア側の不穏な動きを受けて、米海軍の特殊部隊ネイビーシールズが現地の動きを偵察するためコラ半島へ空からの潜入を試みる。そこで、ロシア国防相が自国の大統領を監禁するクーデターを起こし、アメリカを巻き込み第三次世界大戦を引き起こそうとしている事実が明らかになる。

 この場面では、ネイビーシールズの精鋭3人がロシア大統領のSPと共に国防相の拠点に突入し、決死の大統領救出劇を繰り広げる様子が捉えられている。クーデター側との激しい銃撃戦の末シールズのひとりが負傷、大統領をその場から連れ出そうとする中、SPはそこに留まる決断をするなど、続きが気になる展開となっている。

 万が一の事態に備えて認識票や所持品を捨て、“捕まっても存在しない人物”としてミッションに挑むシールズの精鋭たちは、本作のストーリー上も重要な存在。シールズ役の俳優は実際の特殊部隊の訓練プログラムでハードな訓練を受けたという。シールズの隊長ビーマンを演じるトビー・スティーヴンスは、「キツい撮影になるぞと事前に警告されていたけど、そのとおりになった。いや、想像以上だった。重装備で走ったり、本当にキツい急勾配の坂をよじ登ったりもしたけど、シールズの隊員にしてみればそれが日常のことなんだ。でも、そのおかげでリアルな映像に仕上がったと思うよ」と自信を込める。

 海軍の中でも精鋭だけが選抜され、特殊作戦の遂行を任されるネイビーシールズ。その存在や彼らが実行する任務は、これまでも度々映画の題材になってきたが、本作で見せる陸海空問わずの活躍ぶりは、映画に圧倒的な緊迫感と気迫を与えるものとなっている。彼らと潜水艦ハンターキラーとの見事な共闘にも注目したい。

 映画『ハンターキラー 潜航せよ』は4月12日より全国公開。

映画『ハンターキラー 潜航せよ』ネイビーシールズ決死の任務を捉えた本編映像

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access