クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

田辺桃子が女子マネジャーに 夏の高校野球ショートドラマに主演

エンタメ

  • twitter
  • facebook
高校野球ショートドラマ『青空ふたたび』に主演する田辺桃子
高校野球ショートドラマ『青空ふたたび』に主演する田辺桃子(C)ABCテレビ

関連 :

田辺桃子

古田敦也

 モデル・女優の田辺桃子が主演を務めるショートドラマ『青空ふたたび』が、8月6日に開幕する第101回全国高校野球選手権大会のABCテレビによる中継の合間に放送されることが決まった。1日1話(4分間)の連続ドラマで全10話。大会期間中、連日放送する。

【写真】田辺桃子が主演するショートドラマ『青空ふたたび』フォトギャラリー

 本作は、長野県・軽井沢高校の野球部員0人の中で奮闘する女子マネジャー・小宮山佑茉の実話を元に制作されたドラマ。ABCテレビの高校野球中継で試合と試合の間(インターバル)にショートドラマを放送するのは、今年からの新たな試みで、夏の甲子園を多角的に盛り上げていく新しいコンテンツを目指す。

 連合チームで夏の地方大会に出場していた軽井沢高校だったが、佑茉にとって2年の夏が終わり、3年生の野球部員は引退、残った部員も退部。野球部員がいなくなり、このまま女子マネジャーを続けるか、廃部になるか悩む佑茉だが、野球部監督の勧めでマネジャーを続けることになる。しかし、誰もいないグラウンドを整備し、誰も使っていないボールを磨くだけの日々…。そんな佑茉にある日、「単独チームでの夏の地方大会出場!」「夏、1勝!」という新たな夢が芽生える。最後の夏に向かって野球部員を集め始めるが、果たして彼女の夢はかなうのか―。

 実話に基づいた主人公・佑茉を演じた田辺は「リアルすぎる青春を目一杯味わわせて頂いたのでどのシーンも甘酸っぱかったし、とにかく楽しかった」と撮影を振り返った。今回新たな試みとして熱戦の合間に放送される本作について、「『涼む』ような感覚で、新たに出会うもう一つの青春を楽しんで頂けたら嬉しいです」とコメントしている。

 ドラマには高校野球ならではの出演者も登場。佑茉が通う軽井沢高校の校長先生を演じるのは、今年で『熱闘甲子園』キャスター5年目となる古田敦也。また、軽井沢高校生徒会・顧問の田沢先生役として登場するのは、関西の朝の情報番組『おはよう朝日です』(ABCテレビ)でアシスタントを務め、今回ドラマ初出演となる同局の川添佳穂アナウンサー。ナレーションは、古田同様『熱闘甲子園』キャスターを務める同局のヒロド歩美アナウンサーが務める。

 高校野球ショートドラマ『青空ふたたび』は、ABCテレビにて8月6日より高校野球中継の試合と試合の間に放送(第1話のみ初回放送は大会第1日の第1試合前を予定。雨天により試合中止の場合は翌日に順延)。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access