クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

『永遠に僕のもの』まるで恋人同士…密着し、見つめ合う“妖しい”劇中シーン映像公開

映画

  • twitter
  • facebook
映画『永遠に僕のもの』場面写真
映画『永遠に僕のもの』場面写真(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

 スペインの鬼才ペドロ・アルモドバルがプロデュースを手掛け、2018年にアルゼンチンで大ヒットを記録した映画『永遠に僕のもの』より、主人公カルリートスと相棒ラモンがまるで恋人同士のような“ただならぬ雰囲気”を醸し出す劇中シーン映像が公開。あわせて、2人の妖しい関係を匂わせる新カットも解禁となった。

【写真】見つめ合い…抱き合う『永遠に僕のもの』妖しい関係を匂わせる新カット(2枚)

 本作は、アルゼンチンの犯罪史の中で最も有名な連続殺人犯で、その美しいビジュアルから時に「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの、美しくも儚い青春を描く作品。本作で映画デビューとなるロレンソ・フェロが主人公カルリートスを魅惑的に演じ、チノ・ダリンが相棒ラモンに扮する。

 公開されたのは、盗みに入った宝石店のシーン映像。真珠のイヤリングを手に取ると、おもむろに自分の耳に飾り、鏡の前でモデルのようにポージングを決めるカルリートス。窃盗中にも関わらずもたもたするカルリートスに苛立ち、「何してる? 俺を外で待たせて」と怒鳴るラモンだったが、ブロンドの巻き気に真珠のイヤリングが相まって、“美少女”のようなカルリートスに目を奪われたラモンは思わず、「マリリン・モンローみたい…」と声を漏らす。

 さらにカルリートスに向かって「似合うよ」と優しく呟きじっと見つめ合う、まるで恋人同士かのような2人の姿や、“キス寸前”の至近距離で密着する様子も映し出されており、友情だけではない、それ以上の関係を予感させる映像に仕上がっている。

 新カットは、カルリートスとラモンがじっと見つめ合うものと、カルリートスの腰に手を回し、優しく抱きしめるラモンの姿を捉えた、計2点。対照的な存在であると同時に、互いに強く惹かれ合う役どころを演じたロレンソとチノは、共演シーンも多く、撮影や合間も特に2人は同じ時間を共にしたという。そのおかげもあって本当の友人同士になれたと後にロレンソは振り返っており、「だから撮影中も、冗談でお尻を触ったりしても怒らないんだ」と語る言葉からも、劇中同様、プライベートでも親密な関係を築きながら、撮影に挑んでいたことがうかがえる。

 映画公式ツイッターでは、<8月1日=801(やおい)の日>を記念したファンアート募集企画の実施を決定。映画公式ツイッターをフォローし、ハッシュタグ「#永遠に僕のものファンアート」を付け、カルリートスとラモンの“妖しい関係”が伝わるものなど、本作をイメージしたイラスト作品を投稿すると、抽選で5名にロレンソ・フェロのサイン入りプレスがプレゼントされる。キャンペーン期間は、8月1日~8月31日まで。

 映画『永遠に僕のもの』は8月16日より全国順次公開。

映画『永遠に僕のもの』劇中シーン映像
映画『永遠に僕のもの』予告編

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access