クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

橋本環奈、<R15+>映画初主演 『シグナル100』で狂気と絶望のデスゲームに挑む

映画

映画『シグナル100』ビジュアル

映画『シグナル100』ビジュアル(C)2020「シグナル100」製作委員会

関連 :

橋本環奈

竹葉リサ

渡辺雄介

 女優の橋本環奈が主演を務める、R15+指定の映画『シグナル100』が、2020年1月24日より公開されることが決定した。本作で橋本は、学校内で巻き起こる狂気と絶望のデスゲームに挑む正義感の強いヒロインを演じる。

【写真】橋本環奈のかわいい写真特集

 本作は、その壮絶な描写ゆえに、連載当時から実写映画化は不可能と言われていた宮月新による同名タイトルの漫画(白泉社)が原作。100の「自殺暗示催眠」を掛けられた高校生たちによる絶望のデスゲームを描く。橋本が単独主演を務める映画が公開されるのは、『セーラー服と機関銃 ‐卒業‐』(2016)以来4年ぶり2作目となる。

 監督を務めるのは、映画『さまよう小指』(2014)でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014のグランプリを受賞した竹葉リサ。脚本は、『20世紀少年』(全3章)、『GANTZ』『ドラゴンボールZ 神と神』『ザ・ファブル』といったヒット作を手掛けてきた渡辺雄介が担当する。

 担任教師の手により、突如として自殺催眠をかけられた36人の生徒たち。遅刻をする、電話をかける、涙を流す、といった普段行っていた行為が死を招く。その催眠発動(自殺)のシグナルは全部で100あり、死の暗示を解く方法はクラスメイトの死のみ。生徒たちが続々と自殺に追い込まれる中、死への恐怖から人間の本性が徐々に暴かれていき、やがて生き残りをかけた壮絶なデスゲームへと発展していく。

 本作で橋本が演じるのは、絶望的な状況下で持ち前の行動力と芯の強さを発揮し、事件の解決に奔走する正義感の強い主人公・樫村怜奈。元々原作を知っていたという橋本は「20歳になり挑戦的なものをやりたいと思っていた中で、この作品はうってつけだと思い、出演を決めました」と明かす。「この作品では制限された理不尽さにまみれた状況下にいる若者たちがどんな行動をとるのか、人間の心理を描いています。その中で、芯の強さをもつ主人公の怜奈役を、感覚を研ぎ澄ませながら演じさせていただきました」と自身の役どころについて語り、「この作品は突き抜けた描写もありつつ、スピード感がある、アトラクション感覚で観られるものとなっていると思うので、勇気をもって是非劇場でご覧いただけると嬉しいです」とアピールした。

 原作の宮月は本作について「『シグナル 100』に込めた思いは二つ、『理不尽』と『正義』です。映画でもこの二つのテーマがしっかりと描かれています。生きていれば『理不尽だなぁ』と思うことは沢山ありますが、突然100の自殺催眠が埋め込まれる程の理不尽はそうありません。そんな究極の理不尽に立ち向かう橋本環奈さんの凛とした存在感が、この映画を本当に素晴らしいものにして下さっています。皆様にはどうか、登場キャラクターそれぞれが抱く『正義』を最後まで見届けて頂ければと思います」とコメントを寄せている。

 映画『シグナル100』は2020年1月24日より全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access