クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『麒麟がくる』帰蝶・川口春奈が信長・染谷将太に“ひざ枕” ネット「羨ましい」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
大河ドラマ『麒麟がくる』で共演している(左から)川口春奈、染谷将太
大河ドラマ『麒麟がくる』で共演している(左から)川口春奈、染谷将太 クランクイン!

関連 :

染谷将太

川口春奈

 長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の第11回「将軍の涙」が29日に放送され、光秀(長谷川)の目の前で、帰蝶(川口春奈)にひざ枕をしてもらう信長(染谷将太)の姿に、ネット上には「イチャイチャし過ぎ」「羨ましいぞ」などの投稿が集まった。

【写真】川口春奈演じる帰蝶

 再び今川が尾張に攻め入り、次々と織田方の南部の領地を制圧していく。非力ぶりを露呈した信秀(高橋克典)は、道三(本木雅弘)に援軍を頼むが、高政(伊藤英明)や稲葉(村田雄浩)らが尾張との和議を独断で決めた道三を糾弾しており、美濃は一枚岩ではなかった。道三の命令を受けた光秀は、兵が出せない由を尾張へと伝えにいくことに。

 城へと通された光秀は帰蝶が同席する中、信長と対面する。事前に光秀の要件を聞かされていた信長は「美濃のことは分かった」とすんなりと言い放つと、恐縮し頭を下げる光秀に「仕方あるまい」と言葉をかける。そして信長は今川の進軍を食い止める策について話しながらおもむろに帰蝶に近付くと、そのまま寝転んで自分の頭を彼女のひざの上に乗せてみせる。

 信長が帰蝶にひざ枕をしてもらう姿に、ネット上には「ラブラブやなぁ」「帰蝶と信長、イチャイチャし過ぎ」といった声が寄せられ、さらに「川口春奈に膝枕してもらえるなんて普通はご褒美なのでは」「膝枕ー!!羨ましいぞ将太」「川口春奈に膝枕してもらいたい…」などの投稿が相次いだ。

 信長はひざ枕された体勢で帰蝶の頬を愛おしそうになでる。そんな信長に、帰蝶は優しくほほ笑みを返すものの、そばにいた光秀は気まずそうに目をそらしてしまう。このシーンにネット上には「わざと見せてる!?」「見せつけの膝枕だったのかあ」といったコメントも投稿されていた。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access