クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

シリーズ初のドラマ化『呪怨:呪いの家』、主演に荒川良々・ヒロインは黒島結菜に決定

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『呪怨:呪いの家』主演の荒川良々とヒロイン役の黒島結菜
『呪怨:呪いの家』主演の荒川良々とヒロイン役の黒島結菜

関連 :

荒川良々

黒島結菜

三宅唱

高橋洋

一瀬隆重

 世界を席巻したJホラー映画『呪怨』を、Netflixがドラマシリーズ化して今夏配信する『呪怨:呪いの家』のキャストが決定した。主演を俳優の荒川良々、ヒロインを女優の黒島結菜が務める。

【写真】ヒロイン役の「黒島結菜」フォトギャラリー

 2000年にビデオ版が誕生し、2003年には劇場版が公開されて以来20年続くシリーズとなった『呪怨』。その人気は国内に止まらず、シリーズ生みの親・清水崇監督によるハリウッドリメイク版『THE JUON/呪怨』(2004)、『呪怨 パンデミック』(2006)は全米興収1位を記録し、『リング』シリーズと共にJホラーとして世界を席巻した。

 そして2015年の『呪怨‐ザ・ファイナル‐』で最終章を迎えたこの伝説のホラーが、今回Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』としてドラマ化。日本発Netflixオリジナルシリーズとしては初のホラー作品となる。『きみの鳥はうたえる』(2018)の三宅唱監督がメガホンをとり、自身初のホラー作品に挑む。

 荒川が演じるのは、主人公で心霊研究家の小田島泰男。『呪怨‐終わりの始まり‐』(2014)にも出演した黒島は、今作ではヒロインの新人タレント・本庄はるかを演じる。“呪いの連鎖”に巻き込まれていくキャストには、里々佳、長村航希、井之脇海、柄本時生、仙道敦子、倉科カナが決定した。

 『呪怨』は実際に起こった出来事を参考にして生まれた作品だが、今回のドラマシリーズでは初めて、その起源となった「呪いの家」で起きた忌まわしい出来事の数々を明らかにしていく。脚本は、ビデオ版『呪怨』の監修を務め、『リング』シリーズの脚本を手掛けた高橋洋が担当。プロデューサーをビデオ版から『呪怨』を作り上げた一瀬隆重氏が務め、高橋との共同脚本も担当する。

 主演の荒川は「中学1年の時にシャープペンシルの中にコックリさんに入ってもらい中間テストを解いてもらおうと企んでた矢先に隣りのクラスの女子数人が取り憑かれるという事件が起き、シャープペンシルのキャップを速攻で外し『ごめんなさい! ごめんなさい! お帰り下さい!』と教室の窓を開けコックリさんを放ちました。今思えばこの体験がこの作品に出演するキッカケに繋がったと勝手に思ってます」と自身の心霊体験をユーモラスにコメント。続けて「いつも自分が出演している映像作品とは違い笑いの要素が1つもありません! 果たしてどんな作品になってるのか自分自身が楽しみでなりません」と期待感をにじませた。

 黒島は「撮影中に、日本語だとこのセリフで意味は伝わるけど、翻訳されるとニュアンスが変わって本来の意味が伝わらなくなるから、しっかり伝わるセリフに変えよう。といったことがあり、この作品は世界にも向けられて作られているんだと実感しました。日本のホラーが好きな方はもちろん、初めてでも楽しめる作品になっていると思います」とコメント。

 自身初のホラー作品のメガホンをとった三宅監督は、「毎朝撮影に向かう際、地球上のいろんな街のありとあらゆるタイプの人が(本作を観て)恐れ慄く姿を想像していました。ある日、アリアナ・グランデが友人と『呪怨』シリーズのどれかを観て大騒ぎしたという類のニュースを読みました。ぜひ、アリアナさんはじめ世界中の多くの方に最後まで楽しんでサバイブしてほしいと思います」と作品の出来に自信をのぞかせた。

 Netflixオリジナルドラマ『呪怨:呪いの家』(全6話)は今夏全世界配信。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv