クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『新解釈・三國志』“自称イケメン将軍”岩田剛典&“絶世の美女”渡辺直美が参戦

映画

  • twitter
  • facebook
映画『新解釈・三國志』(左から)趙雲&貂蝉を演じる岩田剛典&渡辺直美
映画『新解釈・三國志』(左から)趙雲&貂蝉を演じる岩田剛典&渡辺直美(C)2020「新解釈・三國志」製作委員会

関連 :

大泉洋

岩田剛典

渡辺直美

 俳優の大泉洋が主演を務め、『今日から俺は!!』『銀魂』シリーズの福田雄一監督がメガホンをとる映画『新解釈・三國志』に、EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典と、お笑い芸人の渡辺直美が出演することが発表された。併せて新解釈メイキング映像「チーム舞」が解禁された。

【写真】『新解釈・三國志』豪華すぎるキャスト陣

 本作は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』を、福田監督のオリジナル脚本で映画化。主人公の蜀の武将・劉備玄徳を大泉が演じ、蜀を導く天才軍師・諸葛亮孔明をムロツヨシが務める。ほか、橋本さとし、高橋努、山田孝之、城田優、佐藤二朗、賀来賢人、岡田健史、矢本悠馬、半海一晃、橋本環奈、山本美月といった多彩なキャストが集結する。

 今回新たに、忠義の若武者・趙雲を岩田が、絶世の舞姫・貂蝉を渡辺が演じることが発表された。

 劉備の人柄に惚れ込み臣下となった武将・趙雲。まだ乳飲み子であった劉備の息子を抱え、単騎で敵陣を突破するほどの闘志と誠実さを持ち合わせていた、という逸話が残る趙雲は本作ではどのように活躍するのか。福田監督作品に初出演となる岩田は、「僕が演じさせて頂いた新解釈な趙雲は『鼻につく自称イケメン将軍』ということで自分の中でも新しい世界だったのですが、変な汗をかきつつ色々なことをやっていたら、気付いたらオールアップしていました。公開を楽しみにしていてください!」と語っている。

 さらに、三國志の中では絶世の美女で、歌舞に優れていたと知られている貂蝉を演じる渡辺は、「お話をいただいた時、何故か貂蝉と張飛を読み間違えて、台本の最初の数ページ、張飛のセリフ覚えてました。『うわ、屈強な男役どうしよう…』と震えてたら違いました(笑)」と明かし、「二人の男が絶世の美女を奪い合うんですが、まさかのその絶世の美女役でした(笑)」とコメント。「貂蝉のあるシーンで福田監督が、『ここのシーンはフリーでやっちゃっていいよ!』と言ってくださったんですが、中々カットが掛からず、テンパって後半意味不明な言動をした事を覚えています。それを福田監督が笑いながらOKをした時に、何故か興奮しました(笑)」と話している。

 併せて解禁された新しいメイキング映像では、岩田と渡辺の舞いに、思わず笑いが我慢できない大泉らの姿も写っている。

 映画『新解釈・三國志』は12月11日より全国公開。

映画『新解釈・三國志』メイキング映像第五弾

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access