クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

蒔田彩珠『神在月のこども』日常から神域へ 旅の始まりを描く特報&場面写真公開

アニメ・コミック

アニメーション映画『神在月のこども』キービジュアル

アニメーション映画『神在月のこども』キービジュアル(C)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

関連 :

蒔田彩珠

坂本真綾

入野自由

 女優の蒔田彩珠が主人公を演じるアニメーション映画『神在月のこども』より、ヒロインの旅の始まりを描く特報と主要キャラクターを捉えた場面写真が解禁された。

【写真】アニメーション映画『神在月のこども』場面写真

 本作は、“島国の根”と書く神話の地「島根・出雲」を目指して駆ける少女の成長を描く劇場オリジナルアニメ。“神無月(かんなづき)”と呼ばれる10月は、出雲では“神在月(かみありつき)”と呼ばれ、全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議“神議り(かみはかり)”を行うといわれている。本作では、そんな“人々と神々”、“各地と出雲”、そしてこの島国の根にある“ご縁”という価値観をアニメーションで描く。

 母を亡くし、大好きだった“走ること”と向き合えなくなった少女・カンナ。そんな彼女のもとへ、一羽のうさぎ(シロ)と、一人の少年(夜叉)が現れ、出雲までの旅にカンナをいざなう。まわりはじめた神々の歯車。人々と神々の境界をまたぎ、出雲へ走る少女の旅がはじまる―。

 本作では、人間の声を俳優陣、神々の声を声優陣が担当。カンナ役を若手女優の蒔田、神使の兎・シロ役を坂本真綾、鬼の少年・夜叉役を入野自由が演じる。

 スタッフには、白井孝奈が初めてとなるアニメーション監督を務めるほか、坂本一也、望月智充、佐藤豪志、そのほか国民的&国際的アニメーションを生み出してきたクリエイター陣が集結。アニメーション制作は、GUM、ABCアニメーション、イオンエンターテイメント、ソニー・ミュージックレーベルズなどの製作陣をバックアップにライデンフィルムが担当する。

 本作がキーワードとする“ご縁”にちなみ、縁起を担ぐ意味も込め、古来より現地で“八雲”や“八重垣”などと語られてきた聖数「8」が並ぶ8月8日に特報が解禁された。

 母を亡くし、駆けることができなくなり鬱々とした日々を送る主人公・カンナの前に、1人の少年と1羽の兎が現れる。鬼の少年・夜叉は「その腕輪を外せ!」と叫び、神使の兎・シロは「その腕輪は外しちゃだめだ!」と遮る。神域より姿を現した両者と出会い、「行くよ、私!」と日常を後にする決意を固めるカンナ。そして、壮大な旅がいよいよ幕を開ける。

 アニメーション映画『神在月のこども』は2021年全国公開。

アニメーション映画『神在月のこども』60秒特報

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access