クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ブリトニー・スピアーズ、父が成年後見人に戻ることを強く反対

セレブ&ゴシップ

  • twitter
  • facebook
ブリトニー・スピアーズ
ブリトニー・スピアーズ(C)AFLO

 2008年からメンタル面で問題を抱えたブリトニー・スピアーズに対して、これまで12年以上にもわたり成年後見人を務めてきた父ジェイミー。現在は、その務めから一時的に離れている父だが、この度、ブリトニーが裁判所に対し、父を後見人に“戻さぬよう”強く訴えたようだ。UsWeeklyが報じている。

【写真】2007年には突然丸坊主にしたブリトニー・スピアーズ

 ブリトニーは当時、メンタル面で問題を抱え、2007年には突然坊主頭にするなどの行動を重ねていたことから、2008年に父による成年後見人制度が適用されている。しかし昨年5月、ブリトニーは自分の意思に反して、父からメンタルヘルス施設に強制的に入所させられたと訴え、制度の取り下げを求めた。その結果、父に代わって、ブリトニーの長年のケアマネージャーであるジョディ・モンゴメリーが、一時的な後見人として役割を担っていた。

 今月17日にブリトニーの弁護士が米ロサンゼルスの裁判所に提出した文書によると、ブリトニーは「父を後見人に戻すことに強く反対する」とし、また「ジョディ・モンゴメリーが今後も後見人を務めることが望ましい」と強く訴えたという。

 父らがブリトニーのことを支配していると信じるファンらによって、「#FreeBritney(ブリトニーを自由に)」のムーブメントが再燃しているが、今回明らかになった文書では、ブリトニーは成年後見人制度の終了を求めていないようだ。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access