クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『セブンルール』江戸切子職人・三澤世奈 長濱ねるも江戸切子に興味津々

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『セブンルール』に出演する江戸切子職人・三澤世奈
『セブンルール』に出演する江戸切子職人・三澤世奈(C)カンテレ

 “ルールが人生を映し出す”。“今最も見たい女性”に密着し、 自身が課す“7つのルール=こだわり”を手がかりに、その女性の強さ、弱さ、美しさ、その人生観を映し出す『セブンルール』。今回の主人公は、江戸切子職人・三澤世奈。

【写真】美しい江戸切子

 ガラスの表面をカットすることで美しい模様を浮かび上がらせる江戸切子。180年以上続くこの伝統工芸品に魅せられ、日々作品を生み出し続ける若き女性職人が三澤だ。

 女性ならではの、日常に溶け込むかわいいデザインが特徴の彼女の作品は、ミシュランの名店や一流ホテルなど多くの場所で重宝されている。また、彼女の親方であり、切子の世界では誰もが知る職人の堀口徹氏も「色の組み合わせにやられた。今までの江戸切子になかったし、自分の中にもなかった」と期待を寄せる。

 幼い頃から手先が器用だったという三澤。「友達の携帯をきらきらのデコ電にしたり、ネイルチップを作ったりして、すごく喜んでもらえた」という原体験から、将来は「自分が好きなもので喜んでもらえる仕事がしたい」と考えていた。

 そして大学時代、彼女の人生を変える出会いがあった。「現在の親方が監修をした、江戸切子の器で作った美容クリームの商品を見たときに、本当に感動したっていうか衝撃を受けて…」という三澤。すぐに弟子入りを志願したものの、タイミングが合わずに断念。その後、一度はネイルサロンに就職したものの、江戸切子への思いが諦めきれず日々ホームページをチェックしていたところ、ある日、小さな文字で求人募集を見つけた。そこで再び門を叩き、彼女の職人人生がスタートした。

 それから日々研さんを積み重ね、昨年、29歳の若さで自身のブランド「SENA MISAWA」を立ち上げた。それでも、「毎日が挫折と成功の連続」で、「これができるようになった」「まだこれができないんだ」と、試行錯誤を繰り返す日々を過ごしている。

 江戸切子は、職人の数が減少するなど徐々に衰退しつつあるが、三澤は「自分自身が江戸切子に人生を豊かにしてもらった。恩返しをしていきたい」と語る。「生きている中で一番楽しい」と、爽やかにほほ笑む彼女の7つのルールに迫る。

 美しい江戸切子のグラスが好きと話すスタジオメンバーたち。家でウイスキーを飲むことがあると話す長濱ねるも、「江戸切子で飲めば家での時間も彩られそう」と興味津々の様子。また、ネットショッピングの話に移ったスタジオでは、尾崎世界観の元に届いたあるメールマガジンの内容に、メンバーが大爆笑する。

 『セブンルール』はカンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜23時より放送。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access