クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

マイケル・マン監督、ドラマ撮影で来日 小池都知事を表敬訪問

海外ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『TOKYO VICE(原題)』東京都知事表敬訪問でのマイケル・マン監督、小池百合子東京都知事
ドラマ『TOKYO VICE(原題)』東京都知事表敬訪問でのマイケル・マン監督、小池百合子東京都知事 クランクイン!

関連 :

マイケル・マン

小池百合子

 映画『ヒート』や『パブリック・エネミーズ』などを手掛けた米映画監督のマイケル・マンが12日、東京を舞台にした新作TVドラマ『TOKYO VICE(原題)』の撮影のため来日。小池百合子東京都知事を表敬訪問し「世界で最もエキサイティングな街“東京”で撮影することを大変うれしく思っています」と喜びを語った。

【写真】マイケル・マン監督からブルーレイをプレゼントされる小池百合子東京都知事

 ドラマ『TOKYO VICE(原題)』は、総製作費約8000万ドル(約84億円)をかけて製作される全8話のTVドラマシリーズ。主演を『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴート、日本からは渡辺謙や菊地凛子の出演が決定しており、アメリカではHBO MAXで2021年に配信予定。第1話の監督をマイケル・マンが務めており、表敬訪問には本作のエグゼクティブ・プロデューサーのジョン・レッシャー、クリストファー・ノーラン監督の『TENET テネット』にも携わったロケーション・スーパーバイザーのジャニス・ポーリーも出席した。

 人気TVシリーズ『特捜刑事マイアミ・バイス』の製作や『インサイダー』など幅広い作品を手掛けているマン監督。小池都知事とのあいさつには、自身やレッシャーが手掛けた作品のブルーレイをプレゼントし、都知事も「ブラボー」と笑顔をみせた。

 今月下旬より新宿、渋谷、六本木などで撮影が実施される本作だが、マン監督は「世界で最もエキサイティングな街“東京”で撮影することを大変うれしく思っています。1990年代の東京が舞台ですが、東京を世界中の人々に届けることを楽しみにしています」と喜びを明かし、「世界中の人々が東京の街をよく知り、東京にとってもプラスとなることを望んでいます」と続けた。

 パラマウント・スタジオの映画部門社長として『ミッション・インポッシブル』シリーズも手掛けるレッシャーも、「私はこの作品は東京に対するラブレターと思っています。もともと映画でやる予定でしたが、ドラマになりました。東京がメインキャラクターというような作品です。監督同様、世界の人々に素晴らしい東京を紹介できるのを楽しみにしています」と意気込んだ。

 また「海外の撮影スタッフたちが日本に来る時、東京で撮影せずに地方で撮影を行い“東京のふり”をしますが、今回は東京で撮影したいという強い思いがありました」とも明かすマン監督。

 一連の思いを聞いた小池都知事は、「東京によくお越しくださいました。私も『特捜刑事マイアミ・バイス』でワクワクしたことを覚えていますが、そのマイケル・マン監督が東京をベースに作品を作ること、とても光栄に思っております」とあいさつ。

 続けて「東京を世界に知って頂くいいチャンスだと思っていますし、東京はOLD(オールド)とNEW(ニュー)が混在した都市。さまざまな魅力、他の国にはないユニークな現象も世界の人を惹きつけるに十分だと思っています」と東京の魅力をアピール。最後には「皆さんが素晴らしい撮影ができるように、東京もさまざまなお手伝いができればと思っております」と強いサポートを明言した。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv