クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

中川大志、『鎌倉殿の13人』“武士の鑑”畠山重忠役 南沙良は大河ドラマ初出演

エンタメ

 俳優の小栗旬が主演する2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に、俳優の中川大志、小泉孝太郎、野添義弘、杉本哲太、女優の南沙良が出演することが発表された。

【写真】大河ドラマ『鎌倉殿の13人』キャスト陣

 第61作目の大河ドラマとなる本作は、平安時代末期、伊豆弱小豪族の次男坊の出身でありながら、源頼朝と北条政子の結婚をきっかけに運命の歯車が回り始めた北条義時(小栗)の半生を描く。脚本は三谷幸喜。

 中川が演じるのは、武士の鑑(かがみ)といわれた鎌倉幕府の誇る若武者・畠山重忠。中川は「畠山重忠と名前を聞いてもあまりピンとこず、なじみのない武将だったので、初めて知ることばかりで、楽しく勉強しています」とした上、「知勇兼備で武士の鑑とも呼ばれた男ということで、大河ドラマであまり戦に参加したことのない僕は、ようやく戦えるのか! とワクワクしています…」と意気込む。中川の大河ドラマ出演は4回目。

 小泉が演じるのは、平清盛の後継者・平宗盛。「宗盛は弱々しいイメージがある人物として描かれることが多いですが、今回の『鎌倉殿の13人』では、三谷さんにどのように描かれるのかとても楽しみにしております」と小泉。大河ドラマ出演は4回目となる。

 南が演じるのは、源頼朝のまな娘で父の野望に巻き込まれていく大姫。南は「過酷な運命をたどった大姫ですが、これから演じていく中で私の中に出来上がる大姫が、どのように仕上がるのか、不安よりも期待のほうが大きくなっています。歴史はひとつでも、その時代を生き、駆け抜けた大姫の物語に正解はなく、演じる物語は未来の私の一部になると思います」としている。大河ドラマは初出演。

 野添が演じるのは、『13人』の1人で、頼朝の愛すべき従者である安達盛長。野添は「安達盛長は頼朝の流人時代から仕えてきた最古参の御家人なのですが、13人の中でも郎党という異色の存在。頼朝のために奔走し人生を捧げ、頼朝が最も信頼し本音を語れる人物という印象です」と説明する。大河ドラマ出演は5回目となる。

 杉本は頼朝の叔父で野心家の源行家役。「この行家という人物は、かなりの野心家だったからか、敵も多かったよう……エネルギッシュにいろいろな欲望を滲(にじ)ませられたらと思っています」としている。大河ドラマは8回目の出演となる。

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』はNHK総合ほかにて2022年放送。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv