クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

【映画ランキング】劇場版『鬼滅の刃』V8! 歴代興収1位『千と千尋』まで約20億円

映画

12月5日~12月6日の全国映画動員ランキング1位:『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』

12月5日~12月6日の全国映画動員ランキング1位:『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 12月5~6日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、週末土日動員46万6000人、興収6億5600万円をあげ、公開から8週連続で首位に輝いた。累計では動員2152万人、興収288億円を突破し、歴代興収1位『千と千尋の神隠し』の308億円まで、およそ20億円というところまで迫った。

【写真】写真で見る「12月5日~12月6日全国映画動員ランキング」

 2位は、『STAND BY ME ドラえもん 2』が、週末土日動員19万7000人、興収2億4500万円をあげ、公開から3週連続で2位をキープ。累計では動員120万人を突破し、興収はまもなく15億円に達する。

 3位は、『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』が初週土日動員13万8000人、興収3億9900万円をあげ初登場。2020年の無観客公演に映画ならではの映像を組み込んだ意欲作だ。

 そのほか初登場組は、奈須きのこ『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編Wandering;Agateram』が4位、秦建日子によるクライムサスペンス小説を映画化した『サイレント・トーキョー』が5位、『チャーリーとチョコレート工場』で知られる児童文学作家ロアルド・ダールの人気作を、ロバート・ゼメキス監督、アン・ハサウェイ主演で実写映画化した『魔女がいっぱい』が6位、7位には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』がランクインした。

 12月5日~12月6日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
第2位:『STAND BY ME ドラえもん 2』
第3位:『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』
第4位:『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編Wandering;Agateram』
第5位:『サイレント・トーキョー』
第6位:『魔女がいっぱい』
第7位:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
第8位:『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』
第9位:『罪の声』
第10位:『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access