クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

武井咲ドラマ復帰作『黒革の手帖』 安達祐実が念願の参戦&毎熊克哉ら新キャスト発表

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ドラマスペシャル『黒革の手帖~拐帯行』(上段左から)渡部篤郎、風間杜夫(下段左から)毎熊克哉、安達祐実
ドラマスペシャル『黒革の手帖~拐帯行』(上段左から)渡部篤郎、風間杜夫(下段左から)毎熊克哉、安達祐実(C)テレビ朝日

関連 :

武井咲

渡部篤郎

毎熊克哉

安達祐実

風間杜夫

 女優の武井咲が3年ぶりにドラマ復帰する2021年1月7日20時放送のドラマスペシャル『黒革の手帖~拐帯行~』(テレビ朝日系)の新キャストとして、渡部篤郎、毎熊克哉、安達祐実、風間杜夫の出演が発表された。

【写真】武井咲の和服姿が美しい 2017年連続ドラマ『黒革の手帖』原口元子役の姿

 2017年に放送された連続ドラマ『黒革の手帖』で、“稀代の悪女”と呼ばれる原口元子役を史上最年少で演じた武井。メガバンクから横領した1億8千万円と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を武器に、銀座の頂点に上り詰めた元子だったが、連ドラ最終回では彼女のもとに警察の手が…。自らの野望のためだけに突き進んだ若きママは、ついにどん底へと転落してしまう。今作では3年の刑期を終えた元子が、心機一転、古都・金沢で新たなスタートを切るところから描かれる。

 安達が演じるのは、金沢の高級クラブ『アルテローズ』のママ・板橋レイナ。店に入ってきた元子に早々にママの座を奪われ、プライドを傷つけられたレイナは、どうにか元子を追い落とそうと、ある策を企てる。

 「いつか『黒革の手帖』に出てみたいと思っていたので、今回のお話をいただいたときはとてもうれしかったです」と出演を喜ぶ安達。自身の役柄については「レイナは、『黒革の手帖』に出てくる人物の中では比較的単純な女性なのではないかと思います(笑)。お店にやってきた元子にいろいろ意地悪はするけれど、そこまでしたたかにはなりきれない女性で『もっと上手くやれば陥れることができるのに…』と思ってしまうほどでした(笑)」と語っている。念願の出演でどんな存在感を見せてくれるのか、注目だ。

 毎熊が演じるのは、金沢で派遣社員として働く男・森村隆志。父親を自殺に追い込んだ人物への復讐(ふくしゅう)心に燃える森村は、金沢にやってきた元子と出会い、その後の人生を大きく左右する出来事に直面することになる。渡部は、総売上1千億円を誇る神代ソリューションズのCEO・神代周吾を演じる。金沢にやってきた元子を自身が経営する高級クラブ「アルテローズ」に入店させたのも、森村の父親を死に追いやったのも、すべてこの男の差配。今作最大のキーパーソンとなる。

 毎熊は「僕が演じる森村は、この作品の時間軸の中に出てくる時点ではすでにかなり追い詰められている状態。だけど生まれながらにして不幸だったかと言ったら、決してそういうわけではなく、たまたま出会った悪魔のような男(神代)によって人生を変えられてしまうんです。なので、もしこうなっていなかったら森村はどんな男だったのだろう、ということを考えながら演じました」とコメント。

 渡部は本作への出演について、「『黒革の手帖』も『拐帯行』も昔の作品ですが、それを現代に置き換え、やり続けるというのはとても素晴らしいことだと思います。松本清張作品のような不朽の名作と言われるものを継承していくことは、僕らの世代やその下の世代にとっても貴重な経験になるのではないでしょうか。そんな思いから、以前に武井さんがやられた『黒革の手帖』も拝見し、今回呼んでいただけて大変光栄でした」とオファーを振り返った。

 そして、風間は、妻と旅行に来ていた佐藤良樹という男性を演じる。風間は「僕の演じる佐藤良樹は哀しい。この作品は、そんな人間を救い上げてくれる」とメッセージを寄せている。

 ドラマスペシャル『黒革の手帖~拐帯行~』は、テレビ朝日系にて2021年1月7日20時放送。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv