クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『危険なビーナス』最終回 “伯朗”妻夫木聡が“楓”吉高由里子と迎えた結末にネット「最高」(ネタバレあり)

エンタメ

  • twitter
  • facebook
日曜劇場『危険なビーナス』第10話(最終回)場面写真
日曜劇場『危険なビーナス』第10話(最終回)場面写真(C)TBS

関連 :

妻夫木聡

吉高由里子

 妻夫木聡が主演を務め、相手役に吉高由里子を迎える日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系/毎週日曜21時)の最終回が13日に放送され、事件が解決し、伯朗(妻夫木)と楓(吉高)が迎えた結末に対して、ネット上には「最高」「本当に良かった!!」「ハッピーエンド!いい終わり方」といった反響が寄せられた。(以下、ネタバレを含みます。ご了承のうえ、お読みください)

【写真】伯朗(妻夫木聡)は、楓(吉高由里子)&勇磨(ディーン・フジオカ)と小泉の家へ

 矢神家の親族会が紛糾する中、伯朗に何者かから「母から譲り受けた貴重なものを渡さなければ明人を殺す」というメールが届く。“貴重なもの”を突き止めるために伯朗は、楓と勇磨(ディーン・フジオカ)を連れて小泉の家へ。そこで伯朗は、数学者で叔父の憲三(小日向文世)と出くわす。憲三は伯朗の父・一清(R‐指定)が生前に遺した絵を手に入れるために禎子(斉藤由貴)を殺害していたのだった。

 憲三が小泉の家に火を放った後、明人(染谷将太)が姿を現す。明人は、警察による潜入捜査に協力していたことを告白。そして楓が捜査一課の刑事であることも明かされる。楓にほのかな想いを寄せていた伯朗は状況が飲み込めないまま「大変なお仕事ですね…お勤めご苦労様です…」と言い残し、彼女の元を去ることに。

 その後、院長の池田(辻萬長)の計らいにより、蔭山(中村アン)とディナーに出かけることになった伯朗。しかしディナーに現れたのは、蔭山ではなく楓だった。楓は「ごめんなさい…蔭山さんにお願いしても、やっぱりもう一度伯朗さんと…」と話すと伯朗は楓を強く抱きしめ「本当はずっとこうしたかった」と呟く。

 伯朗が楓の正体を知ってなお、彼女と結ばれるというラストシーンに、ネット上には「楓と伯朗の関係、最高」「最後、伯朗さんと楓さんが結ばれて本当に良かった!!」「ハッピーエンド!いい終わり方で安心して眠れる~笑」などの声が殺到。その一方で「えーーーっ??蔭山さんはーーー??」「蔭山さん推しだったのになんか寂しいー」といったコメントも集まった。

 サスペンスフルな展開とクセの強いキャラクターたちが繰り広げた人間ドラマに、放送終了後には「こんなに次回が待てないドラマ初めてだった!」「これは神ドラマ決定」などの評価も投稿されていた。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access