クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

今夜スタート『その女、ジルバ』 池脇千鶴、熟女BARホステスを熱演「久々にドキドキ」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『その女、ジルバ』場面写真
ドラマ『その女、ジルバ』場面写真(C)東海テレビ

関連 :

池脇千鶴

江口のりこ

真飛聖

中田喜子

久本雅美

草村礼子

草笛光子

 ドラマ『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)が今夜スタート。主人公の熟女ホステスを演じる女優の池脇千鶴は「夜ふとテレビつけた方が引き込まれる作品になると思います」と自信を見せた。

【写真】久本雅美ら“熟女ホステス”がキュートなダンスを披露 『その女、ジルバ』場面写真

 有間しのぶによる同名漫画をドラマ化する本作は、人生を諦めかけていた40歳の主人公・笛吹新(池脇)が、超高齢熟女BAR「OLD JACK&ROSE」の扉を開き、どんな時代も明るくポジティブに生きてきた熟女ホステスたちの影響を受け、前向きに歩み始める物語。

 9年ぶりに連続ドラマ主演を務める池脇の役どころは、大手百貨店から左遷されて物流センターで働く40歳。自分に自信がなく“猫背気味”だった新が、「OLD JACK&ROSE」との出会いから少しずつ変わっていく姿を、監督と話し合いながら丁寧に演じている。

 「(台本は)原作をギュっと抜粋している分、一つのシーンがすごく長かったり、皆さんとのいろんな会話が何ページもあったりするので久々にドキドキしました」と撮影当初を振り返る池脇は、脇を固める浜田スミレ役・江口のりこや、同僚の村木みか役・真飛聖とは休憩時間に女子トークをするなど、リラックスムードで過ごしている様子。

 「OLD JACK&ROSE」のシーンでは、池脇が「共演者にお姉さま方が多い現場も初めてです。皆さんとても明るくて、わたしよりもパワフルで、キャッキャキャッキャと声が聞こえてきます」と話すように、熟女ホステス役の中田喜子、久本雅美ら“お姉さま方”の冗談に絶えず笑顔を見せる。BARでの“最年少ホステス”の役柄同様、みんなにかわいがられているようだ。

 「OLD JACK&ROSE」の名物はラインダンス。エリー役の中田、ナマコ役の久本、ひなぎく役の草村礼子が、軽快な音楽に合わせて、「上、上、上」「肩、肩、肩」「猫、猫、猫」と声を掛け合い、キュートな振り付けを披露する。

 3人はクランクイン前から、個別や合同でのダンスレッスンを行い、振り付けの動画を持ち帰って自主練習も。くじらママ役の草笛光子も「BARで皆さんのダンスを観るのが本当に楽しみです」とエールを送っている。

 池脇もドレスでダンスシーンを披露するため、撮影の合間を縫って猛特訓。本番直前の休憩時間にもBARのセットの横でダンス指導の先生に質問したり、何度も振りをチェックしたりと真剣な姿を見せていた。

 オトナの土ドラ『その女、ジルバ』は、東海テレビ・フジテレビ系にて今夜1月9日より毎週土曜23時40分放送。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv