クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

今夜スタート『俺の家の話』 長瀬智也主演、介護と相続の濃すぎるホームドラマ

ドラマ

  • twitter
  • facebook
金曜ドラマ『俺の家の話』第1話場面写真
金曜ドラマ『俺の家の話』第1話場面写真(C)TBS

関連 :

長瀬智也

宮藤官九郎

戸田恵梨香

桐谷健太

江口のりこ

永山絢斗

西田敏行

 TOKIOの長瀬智也が主演を務め、宮藤官九郎が脚本を手掛けるドラマ『俺の家の話』(TBS系/毎週金曜22時)が今夜スタート。11年ぶりにタッグを組む長瀬と宮藤による、濃すぎる家族が織りなすホームドラマが始まる。

【写真】長州力も本人役で出演 『俺の家の話』第1話より

 本作は、ピークを過ぎたプロレスラー・観山寿一が、能楽の人間国宝である父の介護のため現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパーを巻き込んで介護と遺産相続を巡る激しいバトルを繰り広げるホームドラマ。観山寿一役の長瀬のほか、戸田恵梨香、江口のりこ、永山絢斗、井之脇海、平岩紙、秋山竜次(ロバート)、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、桐谷健太、西田敏行らが共演。元プロレスラーの長州力、現役プロレスラーの勝村周一朗も出演する。

 プロレスリングでマットに叩きつけられ、ロープへ投げ飛ばされながらも、ブリザード寿こと観山寿一(長瀬智也)は、自分の家族について考えていた。

 寿一は幼少時代、重要無形文化財「能楽」の保持者である父の寿三郎(西田敏行)から1度も怒られたことがなかった。一緒に悪さをしても、怒られるのは弟子で芸養子となった寿限無(桐谷健太)のみ。寿三郎は、初舞台以降「神童」とたたえられた寿一を褒めることもなく、それが幼い彼の心を傷つけていた。やがて反抗期をこじらせた寿一は、母の死後、家を出てプロレスラーの道へ進む。そこには寿一が憧れていた家族の形があった。

 さらに時は流れて現在。ピークを過ぎたレスラーとなった寿一の元に、寿三郎危篤の知らせが飛び込んでくる。急いで病院に駆け込んだ寿一は、久しぶりに会った弟の踊介(永山絢斗)と妹の舞(江口のりこ)から、一昨年に寿三郎が脳梗塞で倒れたことを聞かされる。別れのあいさつは2年前に済ませたと遺産や相続の話を始める弟妹に、寿一は激怒。二十八世観山流宗家を継承すべく、プロレスラーを引退することを決めるのだった。

 引退試合を終えた寿一を待っていたのは、寿三郎が退院したという知らせだった。一門の幹部、そして家族を前に、寿三郎はデイケアサービスで担当ヘルパーだった志田さくら(戸田恵梨香)と結婚すると言い出した。呆気にとられる寿一ら家族をよそに、自身の余命とすべての遺産をさくらに相続すると告げ…!?

 金曜ドラマ『俺の家の話』は、TBS系にて1月22日より毎週金曜22時放送。初回15分拡大。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る