クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

海からゾンビが襲来『ゾンビ津波』本編映像&本国絶賛・困惑の日本版ビジュアルお披露目

映画

映画『ゾンビ津波』新・日本版ビジュアル

映画『ゾンビ津波』新・日本版ビジュアル(C)2018 Brobond Entertainment, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 『シャークネード』シリーズの俳優アイアン・ジーリングが主演する映画『ゾンビ津波』より、日本版ビジュアルと本編映像が解禁された。日本版ビジュアルでは、巨大な波に乗って無数のゾンビたちが押し寄せる様子が、恐ろしくもどこかコミカルに表現されている。

【写真】日本版より控えめ 『ゾンビ津波』海外版ビジュアルを使用したティザービジュアル

 本作は、「サメ×竜巻」というあり得ない組み合わせでサメ映画史に新たな礎を築いた『シャークネード』シリーズのスタッフによる最新作。今回仕掛けるのは前代未聞の「ゾンビ×津波」。“空からサメが降ってくる”という奇想天外の発想で観客を驚がくさせた『シャークネード』チームによる、新たな快(怪)作“波乗りゾンビ”ムービーが爆誕する。

 美しい孤島の静かな海で大地震が発生。仲間のレイたちを乗せて海に出ていた船乗りのハンターは、揺れが収まった直後、釣りざおに大きな獲物がかかったことに気づく。レイが慌ててリールを巻くと、それは巨大な魚…ではなく、なんと1体のゾンビだった。負傷者を出しながらも、何とかビーチへ逃げ帰った彼らだったが、海にはさらに無数の不気味な影が見える。さらにその時、不運にも地震の影響で大津波が発生。海中を漂う大量のゾンビを乗せた大波が、平和な町を襲おうとしていた…。

 このたび公開約1週間前にして、日本版ビジュアルが公開。ギリギリのタイミングでのお披露目となったのは、オリジナルポスターからの大きな変貌ぶりに驚いた権利元から「素晴らしいアートワークだが本国版にないゾンビなどの写真が多数あって許諾に大変時間がかかるため公開に間に合わないかも」と困惑の返答があり、完成から2ヵ月近くかかってようやくGOサインが出されたためという。その間、しびれを切らした配給元は海外版のビジュアルを日本語化したティーザービジュアルを用意。限定数が上映劇場でひそかに配布されていたが、今後は新ビジュアルに切り替わるため、このティーザービジュアルは「幻のチラシ」として今後プレミア化する可能性も(!?)。

 本編映像では、殺しても殺しても押し寄せるゾンビの波や、あり得ない方法でゾンビをなぎ倒すアイアン・ジーリングの勇姿の一部を垣間見ることができる。
 
 映画『ゾンビ津波』は、3月26日より「未体験ゾーンの映画たち 2021」ほかにて公開。

映画『ゾンビ津波』本編映像

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv