クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

【バイプレイヤーズ百名鑑】玉置玲央「控え室は盛大な同窓会みたいで幸せでした」

ドラマ

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する玉置玲央

『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する玉置玲央(C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

【写真】『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』に出演する玉置玲央

◆File No.086 玉置玲央

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第12話で玉置は、数多くの舞台に出演し最近は映像に進出する、確かな演技力の個性派イケメン俳優で、人気もうなぎのぼりだがジャスミンにはばっさり切られることもある若手俳優役を演じた。

 シリーズ初出演に玉置は「光栄でした。二つ返事で『出ます!』と答えました」と喜びのコメント。「個人的に非常に思い入れのある作品なので、出演させていただけることが本当に嬉しかったです。同時に、声を掛けてくれた松居監督には感謝しかありません」と語る。

 「シリーズを通して『バイプレイヤーズ』の世界を作り上げてきた出演者の皆様、スタッフの皆様のお陰で非常に居心地のいい現場でした」と撮影を振り返り、「久しぶりに会う仲間とも再会出来たりして、控え室は盛大な同窓会みたいになっててなんて幸せなんだ!と思いましたね」と現場の雰囲気を満喫した様子。

 『バイプレイヤーズ』という作品の魅力はどんなところにあるか尋ねると、「やっぱり人が人を思う気持ちが強ければ強いほど、それはいつまでも消えることはないし忘れられることはないんだって教えてくれるところだと思います。『バイプレイヤーズ』のシリーズを視ていると、そういうセンチメンタルなものにしがみついていたっていいじゃねーか!そのお陰でちょっとでも前見て歩いていけるんだ!明日も頑張るぞ!って思わせてくれます」と思いを語ってくれた。

★玉置玲央/1985年3月22日東京都出身。劇団『柿喰う客』所属。舞台のみならず近年映像作品でも存在感を発揮。映画『教誨師』では第73回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を受賞する。主な出演作に、NHK大河ドラマ『真田丸』『麒麟がくる』、『サギデカ』『伝説のお母さん』(NHK)、『半沢直樹・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~』『恋する母たち』(TBS系)、『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系)、舞台『ゲルニカ』などがある。

●『バイプレイヤーズ』第12話<最終回>の見どころは…

 テレビ東京57周年 新春ドラマスペシャル『冤罪』の撮影現場では、主演の宮沢りえをはじめ、志田未来、稲葉友が、一人の新人役者の到着を待っていた。その新人役者とはまさかのあの人だった。役者としてのデビュー戦を果たす背景には、田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一たちが大きく関わっていて…!? 100名のバイプレイヤーが紡いだ100日間の結末とは? シリーズを締めくくる感動の最終回!

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv