クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『おちょやん』塚地武雅、漫才師役で初登場 “千代”杉咲花との即席漫才をネット称賛

ドラマ

  • twitter
  • facebook
塚地武雅
塚地武雅 クランクイン!

関連 :

杉咲花

塚地武雅

 杉咲花が主演を務めるNHK連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第17週「うちの守りたかった家庭劇」(第83回)が31日に放送され、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雅が漫才師役で初登場し、千代と即席漫才を披露すると、ネット上には「おお、笑いの力~!」「千代との即席漫才最高」といった反響が寄せられた。

【写真】岡安がのれんを下ろし、“シズ”篠原涼子はお茶子たちにねぎらいの言葉をかける

 福助(井上拓哉)の出征と芝居茶屋「岡安」の廃業から時は流れ昭和20年4月。大阪も米軍による空襲が何日も続く状況にあった。そんな中、鶴亀家庭劇は小さな芝居小屋を巡業する日々を送っていた。ある日、稽古場で束の間の休息をとっていた一同だったが、そこに空襲警報が響き渡る。

 千代と一平(成田凌)が同じ防空壕へ逃げ込むと、そこには赤ちゃんを抱えた女性が一人。赤ちゃんが泣き出してしまうと、中年男性は女性に「静かにさせ!」と言いがかりをつける。

 中年男性の理不尽な要求に防空壕内が険悪な雰囲気となる中、千代に対して「ハナコ!ハナコやろぉ?」と呼びかける男の声が聞こえる。「人違いだす」と驚く千代に男は「いやいや、ハナコは人ちゃう。昔飼うてた牛や」とポツリ。防空壕内にクスクス笑いが漏れる中、千代が「誰が牛やて?」と返すと、男が「よう見たらちゃうなぁ。ハナコによう似た牛さんや」とかぶせ険悪なムードを一気に明るく変えてみせる。周りの人々の笑い声で我に返った千代は、初対面の男と即席で漫才を披露し、防空壕の中を爆笑で包んでしまう。

 千代に話しかける男として塚地が登場すると、ネット上には「突然の塚地!」「とんでもないとこに新キャラが!」などの声が集まった。塚地が演じるのは、しゃべくり漫才師の花車当郎。当郎が千代に仕掛けて始まった即席漫才に、ネット上には「おお、笑いの力~!」「こんな時にこんな風に和ませてくれるお笑いいいな」「千代との即席漫才最高」といったコメントも相次いだ。また今後の物語のキーパーソンとなる役柄を演じる塚地の演技についても「塚地さんめっちゃ良い役」「塚地さん最高や」などの投稿も寄せられていた。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv