クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

賀来賢人、“異色”若手エリート官僚&医師役に 鈴木亮平主演・日曜劇場医療ドラマ

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に出演する賀来賢人
ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に出演する賀来賢人(C)TBS

関連 :

賀来賢人

鈴木亮平

 俳優の賀来賢人が7月スタートの日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系/毎週日曜21時)に出演することが発表された。今作で賀来は、若手エリート官僚にて医師という異色のキャラクターを演じる。

【写真】日曜劇場で初主演を務める鈴木亮平

 本作は、重大事故、災害、事件の現場に駆けつけ命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く本格救命医療ドラマ。都知事の命により新設された救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」のリーダーで驚異的な救命技術を持つスーパー救命救急医・喜多見幸太を鈴木亮平が演じる。

 賀来が演じるのは、「TOKYO MER」のメンバーにして、厚生労働省の官僚であり医師でもある医系技官の音羽尚。若手エリート官僚として厚生労働大臣の意を受けて「TOKYO MER」に正式認可を与えないために派遣された“スパイ”。命がけで救命に当たるリーダーの喜多見に反発するという役どころ。患者の命を優先して突っ走る喜多見と冷静沈着な音羽という対照的な2人。

 だが、実は音羽も“より多くの命を救うため官僚として理想の医療を実現する”という熱い夢を持っていた。ドラマではそんな2人がいつしか共鳴し、最高のバディとしてひたむきに命に向きあう姿が描かれていく。

 賀来は本作について「台本を読んで、撮影がとにかく大変になるだろうなと思ったほど、スケールがとても大きい作品です」とコメント。また自身の役柄について「鈴木さん演じる喜多見とは対照的な役柄ですが、音羽には音羽なりの正義があると考えています」と語ると「クールなキャラクターですが、実際のところはどうなのか、放送を楽しみにしていただければと思います」と期待をあおった。

 日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は、TBS系にて7月より毎週日曜21時放送。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv