クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『全裸監督2』新ヒロイン・恒松祐里、魅力詰まった1st写真集の発売決定

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『月刊 恒松祐里 優』より
『月刊 恒松祐里 優』より(C)笠井爾示・小学館

 女優・恒松祐里のファースト写真集『月刊 恒松祐里 優』が7月5日に発売される。レトロなラブホテルでも撮影を敢行し、セクシーな大人の表情に挑戦。さまざまな表情と感情の詰まった一冊が完成した。

【写真】ラブホテルでも撮影 恒松祐里1st写真集より

 恒松祐里は1998年10月9日生まれ、東京都出身の22歳。2005年に『瑠璃の島』(日本テレビ系)で子役としてデビュー。映画『くちびるに歌を』、『散歩する侵略者』、『虹色デイズ』から、『スパイの妻』、『タイトル、拒絶」など、数多くのドラマや映画に出演。去年は、映画『凪待ち』で、おおさかシネマフェスティバル2020新人女優賞を獲得。また、現在放送中のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』に主人公百音の同級生役、野村明日美として出演中。

 そんな恒松のファースト写真集『月刊 恒松祐里 優』が7月5日に発売される。この写真集は、長崎県五島列島・福江島と千葉のレトロラブホテルで撮影。長崎県五島列島・福江島は、恒松祐里が映画『くちびるに歌を』で約1ヵ月間過ごし、第2の故郷と呼んでいる場所。リラックスできる環境の中で、女優としてキャリアを見つめ直す旅のような撮影を敢行した。

 一方、千葉のレトロラブホテルでは、『全裸監督』の時代設定と合わせて80年代後半~90年代前半の世界観でセクシーな大人の表情に挑戦している。自らの女優としての原点と未来に向かっての覚悟。さまざまな表情と感情の詰まった一冊が完成した。

【恒松祐里のコメント】
 人生初の写真集。22歳のわたしの沢山の表情を詰め込んだ「恒松祐里の色見本」のような本が出来ました。サブタイトルの「優」には“やさしい”という意味と“演じる”という意味があるようです。五島列島では、しとやかさや、優しさを意識して。千葉のラブホテルでは過去にそこで生きていたかもしれない“誰か”を演じながら撮影しました。最初から最後まで一つとして同じ顔はないと思います。白から黒まで様々な表情を詰め込んだこの写真集を見て、皆さんの好きな私の“色”を見つけて頂けたら嬉しいです。

 『月刊 恒松祐里 優』は小学館より7月5日発売。価格は2640円(税込み)。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv