クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

橋本環奈、累計閲覧数1億回突破のホラー『カラダ探し』実写映画化で主演

映画

  • twitter
  • facebook
映画『カラダ探し』に主演する橋本環奈
映画『カラダ探し』に主演する橋本環奈(C)ウェルザード・村瀬克俊/集英社

関連 :

橋本環奈

羽住英一郎

 女優の橋本環奈が主演を務めるホラー映画『カラダ探し』が、2022年全国公開されることが決まった。

【写真】『カラダ探し』関連書籍

 本作は、高校生たちが深夜に学校に現れる血まみれの少女に惨殺された後、同じ日の朝に戻って目を覚まし、その1日が何度も繰り返されていく恐怖を描く。

 原作は、小説投稿サイト「エブリスタ」(旧・E★エブリスタ)で人気No.1となったウェルザードによる携帯小説。2014年には村瀬克俊による漫画版が漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」(集英社)で連載され、累計閲覧数1億回を初めて突破。コミックスのシリーズ累計発行部数は300万部を突破している(8月時点)。この人気作を羽住英一郎監督のメガホンで実写化する。

 『IT/イット』シリーズや『死霊館』シリーズ、『シャイニング』などのホラー映画を生み出してきたワーナー ブラザースが、日本映画でも始動したホラー作品プロジェクトの一環で、撮影は9月から北九州市でオールロケを予定している。

 7月5日、県内の高校に通う森崎明日香は、学校にいるはずのない幼い少女から「私のカラダ、サガシテ」と不気味な言葉を告げられる。その日の深夜0時を迎えた瞬間、気付くと明日香は深夜の学校にいた。そこには、明日香と幼なじみだが遠い存在になってしまった高広と、普段接点もないクラスメイト4人がいた。何が起きているのか分からない6人だったが、そこへ突如、全身が血で真っ赤に染まった少女“赤い人”が現れ、全員を惨殺していった。

 全てが終わったかと思ったその時、明日香は自分の部屋のベッドで目を覚ます。そこは7月5日の朝だった。その秘から明日香たちは同じ日を繰り返すことになる。あすを迎える唯⼀の方法は、校内に隠された、とある少女のバラバラにされた“カラダ”をすべて見つけ出すこと。そうしなければ、“赤い人”に殺され続け、永遠に7月5日が繰り返される…。

 主人公・森崎明日香役を務める橋本は「今回主演を務めさせて頂く『カラダ探し』のメガフォンを取られる羽住監督とは2016年公開の『暗殺教室〜卒業編』以来6年ぶりに御一緒させて頂く事となりとても楽しみです。今作は単なるホラーではなくアクションシーンも多く見所も盛り沢山の上、結末はどうなるのか最後まで目を離せない作品になる事と思います」と語る。

 羽住監督は「友達や恋人と一緒に深夜の校舎で肝試しをする様な絶叫アトラクションムービーにしたいと思っています。絶望の中で決して諦めないヒロインの明日香を、橋本環奈さんがどのように力強く演じるのか今から楽しみです!思い切り観客をハラハラドキドキさせたいと思いますので期待していてください」とコメント。

 原作者のウェルザードは「『人の想いの数だけ世界が存在する』というのが原作のテーマです。小説、マンガ、そして映画と、異なる媒体で展開される『カラダ探し』の世界を、皆様にもそれぞれの視点で楽しんでいただけたら嬉しいです」としている。

 映画『カラダ探し』は2022年全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv