クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

乃木坂46・生田絵梨花、卒業コンサート 温かな涙に包まれたラストステージ「乃木坂46が大好きでたまりません」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
「乃木坂46 生田絵梨花 卒業コンサート」
「乃木坂46 生田絵梨花 卒業コンサート」

関連 :

生田絵梨花

乃木坂46

 乃木坂46が14、15日に神奈川県・横浜アリーナで「乃木坂46 生田絵梨花 卒業コンサート」を開催。15日公演は、12月31日でグループを卒業する1期生の生田にとって、ファンの前での最後のステージとなり、会場は終始温かい涙に包まれた。

【写真】ラストステージに純白のドレスで登場した生田絵梨花 「乃木坂46 生田絵梨花 卒業コンサート」ライブフォト(15枚)

 加入当時の生田が語る様子を映したVTR明け。開演を告げる「OVERTURE」に続き、スポットライトを浴びて会場後方のステージから花道を通り、メインステージを目指して歩き始く生田。会場からの盛大な拍手を受けた彼女の目には、すでに涙が光っていた。

 ステージに設置された真っ白いグランドピアノの前に座り、生田は1人で「あなたのために弾きたい」の弾き語りを披露。しなやかな指さばきで鍵盤を弾き、優しい歌声を場内に響かせる。

 演奏後に生田はステージ中央で客席へ向かい深々と一礼。ステージでほかのメンバーと合流し、生田をセンターに据えて「何度目の青空か?」を披露。生田がセンターのまま「制服のマネキン」「おいでシャンプー」「会いたかったかもしれない」「ぐるぐるカーテン」を立て続けに披露した。

 続くMCで、1曲目の感想を聞かれた生田は「出てくるときね。(加入当時の)10年前の自分になったような感覚だった。めっちゃ緊張して」と振り返り、「昨日もすごい寝付けなかったりしたんだけど、あったかく迎えてもらったおかげでほっこり、始めることができました。ありがとうございます」「拍手されて登場するって初めての感じでした。うれしかった」と観客への感謝を伝えた。

 続くブロックでは、生田をセンターにして1〜4期生の期別曲を披露。賀喜遥香と隣り合って登場した4期生曲「I see...」では曲中で後輩たちとほほ笑み合い、3期生曲「三番目の風」では、1人1人と目を見つめ合いながら踊った間奏パートで3期生たちが「ヘイ、いくちゃん!」と連呼して盛り上げ、与田祐希と向かい合った生田はその頬にキス。

 2期生曲「アナスターシャ」では11月に卒業発表した新内眞衣ら4人の1人ずつと手を合わせながら花道を歩き、1期生として披露した曲「白い雲にのって」では同期との絆を確かめるようにメンバーたちが体を寄せ合い、「あらかじめ語られるロマンス」と2曲続けて1期生だけのパフォーマンスを見せた。

 MC後、秋元真夏と生田で披露した「無表情」からは同期メンバーとのパフォーマンスが続く。樋口日奈、和田まあや、齋藤飛鳥、生田による「偶然を言い訳にして」を披露し、アンダーメンバーによる2曲「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」「13日の金曜日」に続く、「ここじゃないどこか」では、共にパフォーマンスした同期の星野みなみと目を合わせながら涙。ソロで「やさしさとは」を歌い上げた生田は、ほかのメンバーと共に「羽根の記憶」を披露した。

 3期生の梅澤美波らのMCやVTRを挟み、後半戦は生田をセンターに据えた「命は美しい」からスタート。「インフルエンサー」「シンクロニシティ」「Sing Out!」「裸足でSummer」「ガールズルール」とキラーチューンでたたみかけ、生田がメンバーとして最後にセンターを務めた曲「最後のTight Hug」で本編を締めくくった。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv