クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

岸井ゆきの、姿を消した浜辺美波を探す旅―『やがて海へと届く』特報解禁

映画

 女優の岸井ゆきのが主演を務め、浜辺美波が共演する映画『やがて海へと届く』が、2022年4月1日より公開されることが決定。特報映像とティザービジュアルが解禁された。

【動画】『やがて海へと届く』特報

 本作は、彩瀬まるによる同名小説(講談社文庫)の映画化。突然消息を絶った親友の死を受け入れられずにいる主人公が、深い悲しみを抱えながらも前に踏み出そうとする姿を見つめる、喪失から再生へと向かう感動作だ。

 引っ込み思案で自分をうまく出せない真奈は、自由奔放でミステリアスなすみれと出会い親友になる。しかし、すみれは一人旅に出たまま突然いなくなってしまう。あれから5年。真奈はすみれの不在をいまだ受け入れられず、彼女を亡き者として扱う周囲に反発を感じていた。ある日、真奈はすみれのかつての恋人・遠野から彼女が大切にしていたビデオカメラを受け取る。そこには、真奈とすみれが過ごした時間と、知らなかった彼女の秘密が残されていた。真奈はもう一度すみれと向き合うために、彼女が最後に旅した地へと向かう。

 岸井は主人公・真奈役、浜辺はすみれ役を演じる。そのほか、杉野遥亮、中崎敏、鶴田真由、中嶋朋子、新谷ゆづみ、光石研ら豪華俳優陣が集結した。監督・脚本は、モスクワ映画祭で国際映画批評家連盟賞、ロシア映画批評家連盟特別表彰をダブル受賞した、『四月の永い夢』『わたしは光をにぎっている』の中川龍太郎。

 特報映像は、すみれ(浜辺)が真奈(岸井)に「ちょっと海を見に」と言葉を残し、突然いなくなってしまうところから始まる。続いて真奈が、親友がいなくなった理由を探す旅に出る姿や、すみれとの思い出が映し出されていく。すみれを見つめながら一筋の涙を流す真奈。果たして、最後にすみれが語りかける「わたしたちには世界の片面しか見えてないと思うんだよね」という言葉の意味とは。

 ティザービジュアルは、明け方に深い眠りにつく真奈を、すみれがカメラ撮影する様子を捉えたもの。横には「あなたのことを、私はどれだけ知っているのだろう」というコピーが添えられており、ミステリアスな印象のビジュアルに仕上がっている。

 映画『やがて海へと届く』は、2022年4月1日より全国公開。

映画『やがて海へと届く』特報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv