クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

乃木坂46・久保史緒里ら“新・花の2001年組”が新成人 振袖姿お披露目

エンタメ

  • twitter
  • facebook
「2022年度 乃木坂46 新成人お披露目」取材会
「2022年度 乃木坂46 新成人お披露目」取材会 クランクイン!

関連 :

乃木坂46

久保史緒里

阪口珠美

中村麗乃

遠藤さくら

賀喜遥香

金川紗耶

北川悠理

佐藤璃果

 乃木坂46の2022年度の新成人である久保史緒里、阪口珠美、中村麗乃、遠藤さくら、賀喜遥香、金川紗耶、北川悠理、佐藤璃果が7日、東京・乃木神社にて振袖姿をお披露目。久保が、自分たちは“新・花の2001年組”世代であると発表した。本記事では3期生の久保、阪口、中村のコメントを中心に紹介する。

【写真】乃木坂46新成人の晴れ着姿 久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香、阪口珠美、中村麗乃、金川紗耶、北川悠理、佐藤璃果

 乃木坂46恒例の成人式を行ったこの日。今年は3期生の久保、阪口、中村、4期生の遠藤、賀喜、金川、北川、佐藤の8名が振袖姿で登場した。

 新成人を迎えての心境を聞かれ、深い緑色の振袖を着た久保は「私は3期生で、中学3年生の時に加入したので『もう20歳になったんだな』という実感があります」としみじみ。「何より乃木坂46にとって10周年ということと、今回の成人式が乃木坂46がここで成人式を始めてから10回目ということだったので、すごくおめでたい時にこんなにもたくさんの人数で成人式ができてすごくうれしいなという気持ちです」と過去最大人数の新成人メンバーで迎えたこの日を喜んだ。

 薄い紫色の振袖姿の阪口は「ずっと20歳というものにすごく憧れていたので、いざ自分がなれてすごいうれしいです」と歓喜。「乃木坂46の成人式も加入前から憧れだったので、そこに自分も参加できてうれしい気持ちでいっぱいです」と笑顔を浮かべた。

 絞り染めの振袖を着こなした中村は「20歳はまだまだ先だろうなと思いながら過ごしてきた10代だったんですけど、気づけばもう20歳で、本当にあっという間だったなと思います」とコメント。「私は逆に『まだ20歳になりたくないな』って、ずっと思ってて。でもそれは10代で過ごした時間が本当に毎日楽しくて幸せだったので。でも実際に20歳になってみたら、そんなに変わったことはなくて、これからの楽しみの幅が、逆に広がったのかなって今では思えるようになったので、これからの人生もすごく楽しみになりました」と思いを馳せた。

 また、恒例の質問となっている「自分たちは何世代か」という質問には、久保が代表して回答した。

 久保は「今回が10回目の乃木坂の成人式でして、我々が最多人数の8名なんです。過去に7名の世代がありまして、それが乃木坂ファンの方は知ってると思うんですけど、花の94年組という世代がありまして」と、元メンバーの西野七瀬や桜井玲香らが自称した“花の94年組”に言及。

 「その先輩方は全員卒業されてしまったんですけど、やっぱりその世代を我々も見てきたということもあり、そして我々が3、4期生だけなので、我々からさらに乃木坂46を10周年で盛り上げていきたいなという気持ちも込めて、大変おこがましいんですけど、先輩方のお名前をお借りして、我々は“新・花の2001年組”世代にさせていただきたいなと思います」と照れくさそうに発表した。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv