クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

快進撃続く柳楽優弥、プレッシャーを乗り越え“七変化する俳優”に成長

エンタメ

  • twitter
  • facebook
連ドラ『まっしろ』出演中の柳楽優弥、快進撃の背景にあるものとは?
連ドラ『まっしろ』出演中の柳楽優弥、快進撃の背景にあるものとは? クランクイン!

 現在、TBSで放送中の堀北真希主演の連続ドラマ『まっしろ』で、アメリカ帰りのスーパードクター・仲野孝太郎を演じている柳楽優弥。本作では、白衣に切れ者感漂うメガネをかけ、これまでの柳楽とは違った一面を見せているが、近年、作品ごとに全く違う顔を見せる彼の変貌ぶりが話題になっている。その評判につれ、出演作も増加。製作陣からも評価が高まっている。彼の俳優人生を振り返りつつ、その魅力に迫る。

【関連】「柳楽優弥」フォトギャラリー

 柳楽と言えば、まず語られるのが、2004年に公開された映画『誰も知らない』で主演を務めたことだろう。本作は、第57回カンヌ国際映画祭において、史上最年少(当時14歳)で最優秀主演男優賞を受賞し、大いに話題となった。後日談として、この受賞が“プレッシャー”となっていたと語っていたが、2007年公開の『包帯クラブ』撮影後、体調を崩し、徐々にメディアから遠ざかっていく。

 2009年には、女優・豊田エリーとの婚約を発表し、翌2010年に入籍。同年10月には女児が誕生し、一児の父となる。この間も、俳優活動は続けていたが、「役者としての転機となったのは、2012年に出演した蜷川幸雄演出の舞台『海辺のカフカ』だ」と柳楽に取材した映画ライターは語る。舞台で躍動する彼は、非常にエネルギッシュで力強かった。

 「その経験が、柳楽にあることを気づかせた」と前述の映画ライター。それは、映画と舞台の違いや、フィールドによってさまざまな表現方法があるということだと言う。クリント・イーストウッド監督の西部劇をリメイクした『許されざる者』の現場で、李相日監督から徹底的にそのことを教え込まれた柳楽は、本作でアイヌ人と和人のハーフ・沢田五郎を怪演した。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv