クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

日向坂46・齊藤京子、オーディション落選の日々も 高い“プロ意識”で躍進

エンタメ

日向坂46・齊藤京子
日向坂46・齊藤京子 クランクイン!

 日向坂46の一期生・齊藤京子。愛らしいルックスとは裏腹に、低音ボイスを併せ持つギャップが印象に残るメンバーだ。芸能界へ憧れながらも、中学から高校にかけてオーディションに落ち続けた彼女が、最後の望みを託したのが現在のグループだった。ストイックさもにじむ彼女が、内に秘めていた思いとは。グループ初のドキュメンタリー映画『3年目のデビュー』(公開調整中)に先駆け、たどっていきたい。

【写真】けやき坂46時代の貴重写真も 齊藤京子のかわいいフォト集

■元AKB48・大島優子に憧れて芸能界を志す

 今年1月、彼女たちの主演ドラマ『DASADA』(日本テレビ/2020年1月期)のインタビューで話を聞いた際、真剣なまなざしで自らの思いを語っていた齊藤。その姿はステージやテレビで笑顔を浮かべる彼女と比べて、大きくギャップを感じられるほどだった。

 女性ファッション誌「ar」(主婦と生活社)のレギュラーモデルとしても活躍する彼女は、持ち前の歌唱力と共に、独特な声質を生かした歌声への評価も高い。

 中心メンバーとしての活躍も目立ち、昨年2月に改名したグループの前身・けやき坂46時代には、姉妹グループにあたる欅坂46の5thシングル「風に吹かれても」に収録の「それでも歩いてる」や「NO WAR in the future」でセンターも経験。加入初期から「ラーメン大好き! 齊藤京子です」と自称するも、テレビ番組では料理下手な一面を見せるなど、多々あるギャップが記憶に強く焼き付く一人でもある。


 先述の『DASADA』に関するインタビューで、アイドルになる前は「誰もが想像する女子高生そのものだったと思います」と青春時代を振り返っていた彼女。放課後には「友達とプリクラを撮ってカラオケに行ったり、それからファミレスで『あの授業大変だったよね』とか、他愛ない会話を毎日のようにしていました」と明かしていたが、実は、それ以前から芸能界に強く憧れを抱いていた。

 グループの歩みをたどった書籍『日向坂46ストーリー』(集英社)では、彼女がステージへ憧れるようになった経緯が明かされている。

 幼少期から夢描いた世界への思いが、強まったのは中学時代。元AKB48・大島優子のパフォーマンスに心打たれた彼女は、積極的にオーディションを受け始める。しかし、現実はそう甘くはない。結果は実らぬまま、高校3年生を迎えた彼女は「もう芸能人になる夢は諦めよう。これからは普通の高校生活をして、進学に備えよう」(※1)と決意した。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access