クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

綾瀬はるか、サイコパスな殺人鬼から愛情あふれる義母まで 見るものを引き込む演技の魅力

ドラマ

  • twitter
  • facebook
綾瀬はるか
綾瀬はるか クランクイン!

 数々の注目作で主演を務め今や日本を代表する主演女優の地位を確立した綾瀬はるか。近年放送され話題を集めた彼女の主演作をもとに、キャリアを重ねるごとに新境地を開拓し続ける彼女の魅力に迫っていこう。

【写真】『ぎぼむす』新作ではウエディングドレス姿も披露 初の刑事役で1人2役にも挑戦した『天国と地獄~サイコな2人~』

 2021年1月にスタートすると、その壮大かつ謎解き要素に満ちたストーリーで多くの視聴者を魅了したのが日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)だ。綾瀬にとって日曜劇場初主演となった本作は、猟奇殺人事件を追う女性刑事とその事件の容疑者となった青年実業家の魂が入れ替わったことから、2人の運命が交錯する様を描くミステリードラマ。

 このドラマで綾瀬が演じたのは、警視庁捜査一課の刑事・望月彩子。彩子は努力家で正義感や上昇志向も強いが慌てん坊な一面も持つキャラクター。凄惨な殺人事件の解決に奔走する彼女はある日、ひょんなことから容疑者の青年実業家・日高陽斗(高橋一生)ともみ合いになり、そのまま階段から落下。目覚めると彩子と陽斗の魂が入れ替わっていたのだった。物語は入れ替わった2人が周囲の人々を巻き込んで事件の真相に迫っていく様を時にコミカルに、時にシリアスに活写。エピソードを重ねるごとに明らかになっていくのは、事件の背景に隠された悲しい“真実”だった…。


 このドラマで意外にも初めての刑事役となった綾瀬は、加えて1人2役にも挑戦。不器用ながらもひたむきに事件解決へ突っ走る彩子と冷徹で大胆不敵な陽斗…綾瀬は正反対の個性を持つ2人のキャラクターを、表情や発声、さらに細やかな仕草の違いで見事に演じ分けてみせた。相手役を務めた高橋一生の熱演も相まって、一見すると荒唐無稽に感じられる設定に絶妙な説得力を与えている。

 2021年上半期屈指の話題作と言えるこのドラマが29日と30日の2日間、一挙放送されることが決定。多くの視聴者の注目を集めた綾瀬の新境地をこの一挙放送でチェックしておこう。

次ページ

規格外の凄腕ビジネスパーソンと愛情深い母親を体現『義母と娘のブルース』

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv