クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

父から受け継いだ『ゴーストバスターズ』のバトン 「ECTO‐1でカーチェイスを!」あふれる思い

映画

  • twitter
  • facebook
映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』メイキング
映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』メイキング

関連 :

アイヴァン・ライトマン

ジェイソン・ライトマン

 1984年、世界中で大ブーム巻き起こした傑作SFコメディ『ゴーストバスターズ』。『ゴーストバスターズ2』(1989)まで作られたシリーズの続編が、なんと30年の時を経て誕生した。最新作『ゴーストバスターズ/アフターライフ』で監督を務めたのは、シリーズ2作品を手掛けたアイヴァン・ライトマンの実息子で、アカデミー賞ノミネート経験を持つジェイソン・ライトマン。物語の主人公が元祖ゴーストバスターズの孫世代に受け継がれたのと同様、親子でバトンをつなぐことになったジェイソン監督に、本作にかける熱い思いを聞いた。

【写真】ミニマシュマロマンがかわいすぎる! 『ゴーストバスターズ/アフターライフ』のゴーストたち ●娘のための映画を作りたかった

 「父のためであるのはもちろんのこと、僕の娘のための映画を作りたかったんだ」と口を開いたジェイソン監督。「主人公フィービーの母親は2人の子を持つシングルマザーで、その子どもたちは自分のアイデンティティを知らずにいるが、実はとても特別な存在であることに気づくという、世代を超えた家族のストーリーを伝えたかったんだ」と本作のテーマを説明する。

映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』
 科学に詳しい内気な天才少女フィービーが、祖父がかつてニューヨークで活躍したゴーストバスターズの一員イゴン・スペングラー博士であることを知り、祖父が遺したメカを手探りで扱いながらゴースト退治に乗り出していく展開。これには、ジェイソン監督のストーリーテリングならではのエモさがある。

映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』父アイヴァン・ライトマン(一番左)&キャストたちとジェイソン・ライトマン監督(一番右)
 監督にとって父が手掛けた元祖『ゴーストバスターズ』は、幼いながら“映画製作の魔法”を体感したかけがえのない作品でもある。当時6歳のジェイソン少年がセットに行くと、「ひげ剃りクリーム入りの巨大な袋が裂けられ、マシュマロマンのようにそのクリームが男の上に落ちてきた。ジャンプスーツを着たゴーストバスターズとECTO‐1が角を猛スピードで曲がったのも覚えている。エルマー・バーンスタインの指揮でオリジナルのスコアの録音を生で聴いたこともね」とうれしそうに思い出を明かす。「僕はセットでストーリーテリングと映画製作をしている人たちを見て育った。その影響で、自分もいつか映画監督をやりたいと思ったんだ」。

次ページ

●かわいすぎるミニマシュマロマン&ECTO‐1でカーチェイス!

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv