クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

和久井映見「また現場で出会えるように」 情熱を持ち続け35年目の女優活動

映画

 1988年のドラマデビューから、35年目の女優活動となる和久井映見。『妹よ』『ピュア』『バージンロード』と、1990年代のフジテレビ「月9」ドラマを支えてきた存在であり、今も変わらずに支持されている。2019年、21年と「月9」枠で放送され、『劇場版ラジエーションハウス』が公開される窪田正孝主演の『ラジエーションハウス』シリーズでも、主人公・五十嵐唯織を、そしてラジエーションハウスのチームを信じ、見守る、「甘春総合病院」前院長で現循環器内科長の大森渚を好演。和久井自身の放つ穏やかな雰囲気は、渚先生にぴったりだが、インタビューからは、仕事への情熱や強さこそが共通すると感じさせた。

和久井映見

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv