クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

Chara、26年ぶりの演技に「歌っているときと芝居をしているときはあまり変わらない」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
Chara
Chara クランクイン! 写真:高野広美

 ディズニープラスの新ブランド「スター」内で配信される日本発オリジナルドラマシリーズ『すべて忘れてしまうから』。本作で主演の阿部寛が演じる主人公・ミステリー作家“M”が足しげく通うBar 灯台の店主・カオルを演じるのが、映画『スワロウテイル』以来、26年ぶりの演技となるミュージシャンのCharaだ。「そのままでいいです」という監督の言葉を信じて臨んだという本作は、Charaにとってどんな感情をもたらしたのだろうか―。

【写真】自然体で豊かな表情を次々に見せるChara ■「Charaさんのままでいいですから」という口説き文句で出演

 人気作家・燃え殻の同名エッセイをドラマ化した本作は、東京という街で何気ない日々を過ごす人たちが繰り広げるミステリアスなラブストーリー。阿部寛扮するミステリー作家“M”が、5年間付き合った恋人“F”の突然の失踪によって、その行方を捜すこととなる。監督・脚本を『あのこは貴族』などの岨手由貴子、『さかなのこ』などの沖田修一、『ドライブ・マイ・カー』の大江崇允というトップクリエイターたちが集い幻想的な物語を紡ぐ。

――久々の映像作品への俳優としての参加となります。どんな思いから出演してみようと思ったのでしょうか?

Chara:これまでいくつか話はあったと思いますが、音楽をちゃんとやっていると時間が限られてしまうので、なかなか他のことに手を出せなかったということがあります。今回はタイミング的に少し時間があったのと「Charaさんのままでいいです」と言われたので、割と気楽に参加できるのかなと思ったんです。あとは『スワロウテイル』も音楽がらみの役柄だったし、今回も音楽が作品に関係しているので、やってみようかなと思いました。


――映画『スワロウテイル』以来、26年ぶりなんですよね。しかもドラマは初出演でした。

Chara:そうなんですよね。ドラマが初だったので(『スワロウテイル』で共演した伊藤)歩が心配して「Chara、ドラマ初めてだし、本読み手伝おうか?」って言ってくれたんです。でもドラマは初めてでしたが、フィルムで撮影されていて、映画的なことも多く、撮影の戸惑いみたいなものはなかったです。

――出演に対してためらいみたいなものはなかったのですか?

Chara:ないない(笑)。そんな気持ちだったらできませんからね。


――演じることとアーティスト活動ではどんな違いが?

Chara:私自身は音楽畑の人間なのですが、畑が違うとはいえ、クリエイティブな仕事という意味では同じですよね。特に今回は「そのままでいいです」と言われたので、Charaとして余計なことをやんないほうがいいと思ったので(笑)。私は自分で曲を作るので、歌う時は監督の目線の自分と演じている自分がいる。曲は映像作品より短いですが、あまり芝居をしているときと変わらない感じがします。

次ページ

■経験豊富な俳優陣に「迷惑はかけられない」

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv