クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

津田健次郎、声優と俳優の行き来に充実感「演じるという意味では同じ」

映画

  • twitter
  • facebook
津田健次郎
津田健次郎 クランクイン! 写真:高野広美

 声優としてはもちろん、近年は俳優としての活動もますます勢いに乗っている津田健次郎。フジテレビ系列月曜9時枠で放送された連続ドラマの劇場版である映画『イチケイのカラス』では、物語の発端となる事故に関わる役どころとして、気迫に満ちた演技を披露している。もともとは舞台俳優としてキャリアをスタートさせ、1995年に声優デビューした彼だが、俳優と声優の演技の違いについてどのような考えを持っているのだろうか。俳優としての転機や、「また今、初心に立ち返っている」と改めて噛み締めている芝居の難しさ、醍醐味について語った。

【写真】津田健次郎、大人の男の色気があふれる撮り下ろしショット! ■人気ドラマの劇場版に参加! 物語の鍵を握る人物の“死に様”を体現

 本作は、型破りな裁判官のみちお(竹野内豊)と、上昇志向が強いエリート裁判官の坂間(黒木華)によるバディが奮闘する姿を描いたドラマの劇場版。みちおがイチケイを去って2年。主婦が史上最年少の防衛大臣に包丁を突きつけた事件と、その背景にあったイージス艦と貨物船の衝突事故。2つの事件に隠された真実に辿り着くべく、みちおと坂間が奔走する。津田は「豪華なキャストの方々と一緒に、コメディとして楽しめる上に、同調圧力や過疎の問題などいろいろなテーマが浮かび上がってくる作品に出演できた。本当に光栄です」と本作の魅力と共に、参加できた喜びを語る。


 津田が演じたのは、イージス艦との衝突事故で非業の死を遂げる、貨物船の船長・島谷役。津田は島谷について「船長という職務への責任感と、家族への想い。この2つが彼の人生を支えている」と分析。島谷の“死に様”にも彼らしさが表れているといい、田中亮監督からは「最後まで船の舵を離さないでほしい」という演出があったと振り返る。

 「崩れ落ちそうになったとしても、島谷は最後まで船や船員を守ろうとする。田中監督とは、“それこそが彼のアイデンティティであり、守りたいという思いの強い人なんだ”というお話をしていました。台本を読んでいた段階では、“死に際の島谷は意識がもうろうとしていたのかな”と思ったのですが、現場では田中監督から“凝視するように、ずっと前を見つめていてください”という指示をいただき、島谷を演じる上では“諦めない強さ”も大事なんだなと思いました」と田中監督と共に島谷を作り上げた。


 島谷の死に様を見事に体現し、物語が大きく動き出すきっかけとなる劇的なシーンを演じ切った津田は、「台本に書いてあるもの以上に、現場でいろいろなものが生まれていく感覚がありました。とても楽しかったです」と充実感もたっぷり。島谷の死後にみちおや坂間が事件の調査に乗り出すとあって、竹野内や黒木と共演シーンはなかったものの「竹野内さん演じるみちおは、本当にキュートで。自由人でふわふわとしているみちおは、シリアスな場面でもそのトーンが崩れないにも関わらず、彼の怒りや真剣度がこちらにも伝わってくる。黒木さん演じる坂間は堅物なのに、こちらもとてもキュート。お二人のお芝居もとても魅力的でした」と大いに刺激を受けた様子だ。

次ページ

■俳優、声優の演技の違いとは? 俳優としての転機は『最愛』

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv