クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

竹野内豊、渋くて、かっこよくて、かわいさも! No.1イケオジ俳優の人気の軌跡

エンタメ

  • twitter
  • facebook
竹野内豊
竹野内豊 クランクイン! 写真:ヨシダヤスシ

 俳優として30年近くキャリアを重ね、近年はますますイケメンぶりに拍車がかかっている竹野内豊。年々増していく渋さとほのかに漂うお茶目さで新たなファンを開拓し続ける彼の、これまでの代表作を振り返り、その魅力に迫ってみよう。

【写真】かっこよすぎ! 竹野内豊、インタビュー撮り下ろしショット ◆『ロンバケ』『ビーチボーイズ』で人気爆発

 母と姉がファッション誌の読者モデルに応募したことから、1989年に10代でモデルとして芸能界デビューを果たした竹野内。モデルとしての活動を経て、1994年には緒形直人主演のテレビドラマ『ボクの就職』(TBS系)で俳優デビューを果たす。

 そんな彼が一躍注目を集めるきっかけとなったのが、1995年からスタートしたドラマ『星の金貨』シリーズ(日本テレビ系)。この作品は、酒井法子扮する聴覚障がいを持つヒロイン・彩と医師の兄弟が織りなす三角関係を描いた純愛ラブストーリー。竹野内が演じたのは、彩に惹かれる医師の拓巳。プレイボーイでありながら実は繊細でナイーブという複雑なキャラクターを若さとモデル出身ならではの洗練された佇まいで体現してみせた。

 拓巳役で視聴者の心を掴んだ竹野内は、同年には早くも『まだ恋は始まらない』(フジテレビ系)で月9ドラマデビュー。その翌年には木村拓哉&山口智子主演の伝説的月9ドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)に出演する。社会現象を巻き起こした本作で竹野内が演じたのはヒロイン・南(山口)の弟・真二。プレイボーイでありながら繊細かつプレッシャーに弱い真二を、ワイルドさと見え隠れする愛嬌で演じきった。

 人気俳優が大挙出演した“ロンバケ”で抜群の存在感を放った竹野内は、1997年放送の『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)で、ついに月9ドラマで初主演(反町隆史とのダブル主演)を務める。それまでの月9ドラマでは珍しかった“バディもの”として新機軸となった本作で、竹野内が演じたのは元エリート商社マンの海都。クールで冷静かつ常に論理的な海都と、真逆のキャラクターの広海(反町隆史)が織りなすコミカルな掛け合いも披露し、俳優として新境地を開拓。本作で竹野内は“主演俳優”としての地位を確固たるものにしたのだった。

次ページ

◆渋さとお茶目さが共存する“キング・オブ・イケオジ”道を邁進

1ページ(全2ページ中)

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv