クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

菅井友香、ソロ1年目は全力疾走「止まらずに駆け抜けたい」 櫻坂46卒業後の変化も

エンタメ

  • twitter
  • facebook
菅井友香
菅井友香 クランクイン! 写真:上野留加

関連 :

菅井友香

櫻坂46

 2022年11月、感動の東京ドーム公演で櫻坂46を卒業した菅井友香。グループのメンバーとして、初代キャプテンとして走り抜けてきた経験を糧に、新たな活動をスタートした彼女は、劇作家・つかこうへいによる舞台『新・幕末純情伝』でソロ女優デビューを果たす。ソロ1年目は「止まらずに駆け抜けたい」と熱く語る菅井は、アイドル卒業後の環境に何を思うのか。自ら剣術の稽古にも励むほど、情熱をそそぐ舞台の話とともに聞いた。

【写真】“ゆっかー”菅井友香、かわいく美しい撮り下ろし写真 ■剣術の稽古で生きたグループ時代のダンス経験

 舞台『新・幕末純情伝』は2010年に亡くなったつかの代表作の1つ。幕末の京都を舞台に、主人公の新撰組・沖田総司(菅井)が実は女だったという、ユニークな着想を基に物語が展開する。『熱海殺人事件』『飛龍伝』と並ぶつかの代表作として、これまで幾度となく上演。作品に登場する女性は“沖田総司”ただ1人で、歴代では、牧瀬里穂、広末涼子、石原さとみ、鈴木杏、桐谷美玲、松井玲奈ら、そうそうたる女優が演じてきた。


――本作は、櫻坂46を卒業後のソロ女優デビュー作。主演に懸ける思いは?

菅井:ソロになってからの第1歩として、この『新・幕末純情伝』で沖田の力を借り、皆さんのサポートもたくさん頂きながらですが、自分自身の殻を破るきっかけにできるよう頑張りたいです。作品をしっかり届けるということを、第一に。

――登場人物の中で、女性は菅井さん1人。作品では、男性相手に啖呵(たんか)を切る場面もありますが、日頃の上品でおしとやかな印象とは真逆です。

菅井:過去の主演作『飛龍伝2020』(2020年1月〜2月上演)でも、最後に少し男性の言葉を使うシーンがありましたが、本作は、男性として育てられた女性役なので、その違いにちょっとドキドキしています。でも、グループ時代の楽曲は「僕」が主人公の曲が多かったので、男性の気持ちをよく考えましたし、不安はなく、どんな気持ちに出会えるのかなと楽しみです。

――セリフ回しにちなみ、菅井さんと言えば「滑舌が苦手」と自称しています。『飛龍伝』出演当時のインタビューでは、ボイストレーニングへ通ったと明かしていましたが、本作に向けて取り組んでいることは?

菅井:気合いを入れてしゃべらないと、滑舌が悪くて…。省エネで話す癖もあり、自宅ではボソボソとしゃべってしまうんです(苦笑)。過去の出演作『飛龍伝』や『カーテンズ』(2022年2月〜3月上演)で、劇団の方から滑舌を柔らかくするトレーニングとして、「外郎売(ういろううり)」を朗読するのがいいと教えてもらったので、毎朝やっています。


――本作への準備では、2年ぶりに「剣術のお稽古」にも通い始めたとファンに明かしていました。

菅井:刀の持ち方や基礎的な振り方、注意点を教わりました。舞台では、相手役の方と息を合わせて、ケガのないよう演じる必要があるので、ご迷惑をおかけしないよう「自分にできることを」と思って。舞台のお稽古でもたくさん学ばせていただきたいと思いますけど、ジッとしていられなかったんです。

通ったのは、『飛龍伝』の出演後に「殺陣を学んでみたい」と思って、自分で見つけたスクールです。久しぶりに、自主的に予約して行きました。しばらく行く時間がなかったし、ソロになったからこそ、できることはやりたいと思ったんです。動きは違いますけど、ダンスの振りを入れるように、殺陣の「手」を覚えるのが「早い」と先生に褒めていただいたので、グループ時代の経験が生きた感じはします。

次ページ

■東京ドーム卒業公演を振り返り「人生で忘れられない2日間」

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv