クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

レジェンド声優・神谷明、『シティーハンター』続編に意欲!「野沢雅子さんら大先輩を見ていると本当に力になる」

アニメ

神谷明
神谷明 クランクイン!

 声優界のレジェンド・神谷明が「この役ができるのは僕しかない」と強い思いを持ってオーディションに臨んだというアニメ『シティーハンター』の冴羽リョウ。神谷にとって大切なキャラクターが、約4年ぶりとなる劇場版アニメーション『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』として帰ってきた。テレビアニメスタートから36年に渡りリョウを演じてきた神谷が、あふれ出る“シティーハンター愛”を語った。

【動画】神谷明が冴羽リョウの“あの”セリフを! スペシャルインタビュー動画

■そうそうたる声優たちに彩られた劇場版!

 1987年に北条司による人気漫画をテレビアニメ化してから36年の歳月が流れた『シティーハンター』の劇場版最新作『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』は、こだま兼嗣総監督いわく「もはや避けて通れない冴羽リョウの原点を探る作品」と銘打たれている。

 この言葉に神谷は「核心に踏み込むような一本筋の通ったストーリーがありつつ、これが最後というより、最終章の始まりというか…。さらなる『シティーハンター』を感じさせてくれる奥行きがある物語だったので、すごくうれしかったですね」と脚本を読んだ時の感想を述べる。

 作品には、冴羽リョウ役の神谷はもちろん、槇村香役の伊倉一恵、野上冴子役の一龍斎春水、海坊主役の玄田哲章、美樹役の小山茉美ら往年のメンバーと、リョウの過去を知る男・海原神役に堀内賢雄、今回の依頼人となるアンジー役に沢城みゆき、さらにはある組織の暗殺者であるピラルクー役の関智一、エスパーダ役の木村昴などそうそうたるメンバーが顔をそろえる。

 作品で重要な役割を果たすアンジー役の沢城について「僕は脚本を読んだとき、沢城さんがパッと頭に浮かんだんです。内容を読めば読むほど、この役は演技力が要求される。スタッフさんから『アンジーは沢城さんです』と言われたときは、ガッツポーズをしました。実際スタジオでご一緒して、改めて上手な役者さんだなと。迫力もあり素晴らしかった」と絶賛する。

 また神谷は「アンジーの好演があるからこそ、香との関係性も活きてきました」と語ると、長きに渡りタッグを組んできた伊倉についても、「お話をうかがったことはないのですが」と前置きしつつ「リョウのスタンスは最初から変わっていなかったのですが、伊倉さんが今の香に到達するまでは、時間がかかったのかなと。だからと言って最初から違和感はまったくありませんでした。作品を重ねるごとにじっくりと育て上げた感じがします。その意味で、今回の香はパワフルでかわいい。素晴らしかったです」と目じりを下げる。

 リョウの育ての親という、物語のキーマンとなる海原神を演じた堀内は、最初の『シティーハンター』では端役として出演していたという過去がある。当時神谷の芝居を見て「あんなに軽やかな芝居がいつかできるようになるのか」と尊敬の念を新宿でのプレミアイベントで語っていた。

 「新人のころから知っていて、僕らは『賢雄、賢雄』と呼んでいたのですが、年輪を重ね、軽妙洒脱な演技が大変上手な役者さんになったなと見ていました。今回の海原は心から憎いと思える役を見事に作られていました。その素晴らしい演技に、じゃっかん嫉妬してしまいました(笑)」。

次ページ

■神谷「日本中で唯一堂々と『もっこり』と言えるのは、リョウ以外にはいない」

1ページ(全3ページ中)
声優・神谷明が語る! 『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』スペシャルインタビュー

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る