及川奈央、探究心から極めたAV業引退から10年「ようやく自分が見つかった」

映画

AV業引退から10年、舞台女優として第2の人生を歩く及川奈央にインタビュー
AV業引退から10年、舞台女優として第2の人生を歩く及川奈央にインタビュー クランクイン!

  山形県米沢市の小野川温泉を舞台にしたレトロフューチャーSF映画『ヲ乃ガワ‐WONOGAWA‐』に出演している、女優の及川奈央。2004年のAV業引退から、今年で10年。今では演劇ユニットを立ち上げるなど、舞台女優として第2の人生を歩んでいる。その軌跡を追った。

【関連】及川奈央インタビュー&『ヲ乃ガワ‐WONOGAWA‐』<フォトギャラリー>

 「小学生の頃から転校が多かったせいか、人を冷静に観察するような子供で、『早く大人になりたい』とずっと思っていました。女子同士のグループ付き合いも面倒くさくて、どこか冷めていましたね」と自らの幼少期を振り返る。そんな少女はやがて思春期を迎え、高校を卒業する。その時にふと胸をよぎる思いがあった。「私ってなにもない、空っぽだ」……。

 「自分を変える何かを求めて飛び込んだのがAV業界。『簡単に飛び込めるような世界じゃない』のはわかっていました。でも『自分は一体何者なのか?』という探求心の方が勝った」と当時の心境を明かす。ところが「踏み込んだからには極めたいという気持ちもあった一方で、やはりとても難しい世界でした。仕事をしていく中で、どんどん“及川奈央という別人格”を作るようになっていった。そうでもしなければ出来る仕事ではなかったから」と気持ちと肉体が一致しない年月を重ねることに。当時執筆したエッセイには「及川奈央=旅」と書いた。

 2004年のAV引退後、深夜バラエティで活躍。しかし及川自身は「当時バラエティ番組には沢山出演させていただきましたが、それはすべてセクシー要因。自分で仕事を選べる立場にはないし、前職で知名度が上がったことはわかります。でも葛藤ばかりだった」と知られざる苦悩を一人抱えていた。「一般人に戻ろうか」そう考えていた矢先、テレビ東京系深夜ドラマ『ファンタズマ~呪いの館~』の1エピソードを演出する機会を得る。それが及川の人生観をガラリと変えた。

1ページ(全2ページ中)

関連情報

関連記事

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access