クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

佐伯日菜子、怖い役しか来ない「自分の顔が嫌いだった」“ホラー・クイーン”時代の葛藤

映画

  • twitter
  • facebook
佐伯日菜子、オファー全てが怖い役だった“ホラー・クイーン”時代を振り返る
佐伯日菜子、オファー全てが怖い役だった“ホラー・クイーン”時代を振り返る クランクイン!

 映画『八つ墓村』(77)、『復讐するは我にあり』(79)、『蒲田行進曲』(82)などの名作を高品質の映像でソフト化する「あの頃映画the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション」シリーズが人気だ。その発売記念としてこの程行われた『八つ墓村』上映イベントに足を運んだのが、映画『らせん』で貞子を演じた事でも知られる女優の佐伯日菜子だ。

【関連】佐伯日菜子<インタビュー写真>

 佐伯といえば、17歳の時に映画『毎日が夏休み』(94)で爽やかに女優デビューした後、テレビドラマ『EKO EKO AZARAK エコエコアザラク』(97)でダークヒロインの黒井ミサを演じ、映画『らせん』(98)では貞子にもなった。その後はホラー漫画家・伊藤潤二の原作を見事に映画化した『うずまき』(00)、ホラー脚本家・小中千昭の筆が冴える『蛇女』(00)とホラー街道を一直線。Jホラー・ブームを“ホラー・クイーン”として牽引した。

 ところが当の本人は「昔は嫌でしたね。一時期は100本の仕事のオファー中、100本がホラーという事もありましたから」と時代の渦に翻弄された苦悩を振り返る。「当時は『どうして怖い役しか来ないのだろうか?』と悩んだし『私の顔が怖いからホラーしか来ない』と思って、自分の顔が嫌いになりました。色々な役をやっていきたいと思っていたから『また怖がらせるの? 私はお化け屋敷のお化け?』なんて弱音を吐いていましたね」とイメージが固定化する恐怖を味わうこともあった。

 しかし海外での反響が、そんな佐伯の凍った心を溶かし始める。「香港に行った時に何気なく市場で買い物をしたら、翌日の新聞の一面に写真付きで『貞子、買い物上手』と載るくらい、私が演じた貞子に対する熱狂があった」と役柄に対する観客の愛を肌で感じるように。さらに「ジョビジョバのマギーさんから『佐伯にホラーは横綱相撲だよ』と言われたことがあって、その時に『だったらいい相撲を取ってやる!』と嬉しくなりました」と表現者としての自信も取り戻した。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv