宮野真守、「共通点を探すより共感すること」 役へのアプローチ明かす

アニメ・コミック

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』宮野真守インタビュー
『GODZILLA 決戦機動増殖都市』宮野真守インタビュー クランクイン!

 衝撃の展開に次ぐ展開で、観客の心を鷲掴みにしたアニメーション映画『GODZILLA』の第1章『GODZILLA 怪獣惑星』。そしてその続編として、シリーズ屈指の人気を誇るメカゴジラが、“新たな姿”で登場する第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』が公開を迎える。全三部作を通し、主人公・ハルオを演じる宮野真守も「第3章にむけて、最高のハードル上げができた」と自信を覗かせる“アニゴジ”第2章。絶望の淵へと追いやられた人類は、どうゴジラに立ち向かっていくのか。宮野がアニゴジについて語った。

【写真】若かりし頃も!「宮野真守」フォトギャラリー

 本作は、全三部作で描かれるアニメーション映画『GODZILLA』の第2章。第1章の最後に、地中深くから体高300メートルを超える歴代最大の真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現し、その圧倒的な破壊力を前に、ハルオたちが散り散りになってしまうという“最悪の終わり”の続きから始まる本作。ハルオは、人類の生き残りと目される “フツア”の民、ミアナに命を救われる。そして、ゴジラの攻撃を逃れたメンバーと合流し、「対ゴジラ決戦兵器」として開発するも、起動寸前で破壊された“メカゴジラ”開発プラントを富士山麓で見つける…。

 「第1章で最高の自己紹介をすることができた」と胸を張った宮野。そのため第2章では、「種族間の違いや、感情がもたらす結果などをより色濃く見せることができたと思っています」と、人物描写にスポットを当てた作りになっていると明かす。宮野曰く「ハルオと(ハルオを救った)フツアの物語は、とても面白い」とのことで、注目ポイントであるとのことだ。
 
 第1章に続き、人類を導く中心人物であるハルオ。第2章では第1章では見られなかった自身の決断に対して思い悩む姿も描かれている。そんなハルオの姿も魅力的に映っているという宮野は「彼(ハルオ)の行動は人を惹き付けると思います。今回改めて、『ハルオの選択はカッコイイ』と思いました。そう思わせてくれるのが、ハルオの持つカリスマ性なのかな」とも。

 だが、カッコイイと思う反面、カリスマ性を持つハルオのような革命家タイプの考え方が、演じる上で難しいポイントであるとも語る。カリスマ性は「作ろうと思って作れるものではない」という宮野。しかし「役者として、カリスマ性を持たせないといけないので、台本を読んだり、資料を集めたり、納得するまで監督と話し合ったり…。特別な“革命家”を演じると考えずに、彼の信念やこだわりなどを大切にしていけば、自ずとそういう風に見えていくのかなと思いました」と、ハルオへのアプローチについて語った。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access