クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

杉咲花、“憧れの先輩”と目標にされる存在に 自身は謙虚にマイペース

映画

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』主演の杉咲花にインタビュー

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』主演の杉咲花にインタビュー クランクイン!

 10代で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞するなど、若手ながら高い演技力を評価されている女優・杉咲花。そんな彼女が、本格的な純愛ラブストーリーに挑んだ映画が『パーフェクトワールド 君といる奇跡』だ。本作のオファーに「こういう作品には縁がないと思っていた」と驚きの表情を見せた杉咲が、本作で改めて気づかされた大切なことや、躍進を遂げる現状について語った。

【写真】杉咲花『パーフェクトワールド 君といる奇跡』インタビュー写真

 杉咲といえば、これまで作家性の強い作品で、生い立ちや性格にやや陰のあるような役柄を演じることが多かったが、本作では、高校時代に憧れを抱いていた初恋の先輩を一途に思い続ける女性・川奈つぐみを瑞々(みずみず)しく演じている。杉咲は今年、連続ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』で恋愛物語の主人公を演じているが、撮影は本作が先。自身にとってまさに初の恋愛物語のヒロインを演じたのが『パーフェクトワールド 君といる奇跡』なのだ。

 「自分の中では、こういった本格的なラブストーリーには縁がないと思っていたので、お話をいただいたときはびっくりしました」と率直な胸の内を明かすと「恋愛漫画が原作で、キュンとするシーンもたくさん詰め込まれています。観てくださる方にキュンキュンしてもらうためには、つぐみというキャラクターがかわいいと思ってもらえなくてはいけない」とプレッシャーがあったという。

 さらに24歳という社会人の役も杉咲にとっては初体験。「かわいくしなければ、大人っぽくしなければ」ということにとらわれてしまい、撮影前はガチガチになっていたという。しかし現場に入ってみると、メガホンを取った柴山健次監督をはじめ、撮影部、照明部など各部署が“見え方”について、杉咲の想像をはるかに超えるこだわりを持って臨んでいた。こうしたプロフェッショナルな現場を目の当たりにし「気にする部分が違った」と意識を変えた。

 役柄へ徹底的に寄り添い、向き合うこと――。本来杉咲が大切にしていたアプローチ方法だったが、「かわいく見せたり、大人っぽく見せたりしよう」という意識が強く、本質を見失いかけていたという。しかし、監督や周囲のスタッフのおかげで、これまで以上に、役柄になり切ること、すなわちつぐみとして、純粋な気持ちで(岩田剛典演じる)樹を思い続けることに集中した。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access