クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

本田翼、迷い続けた女優への道 いまは「この道を決断してよかった」

映画

映画『空母いぶき』に出演する本田翼
映画『空母いぶき』に出演する本田翼 クランクイン!

 女優、モデル、さらには趣味を活かしてゲーム実況のユーチューブチャンネルを開設するなど、さまざまな顔を見せている本田翼。なかでも来年、8年目を迎える女優業では、現在放送中のドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ)を含め、8年連続地上波ゴールデン・プライム帯ドラマへの出演を果たしている。さらに最新出演映画の『空母いぶき』で、自身にとって初めてのクライム大作に挑戦。飛躍を続ける本田だが、女優業に踏み出した当初は「自分には違う」と感じていたという。

【写真】透明感あふれる「本田翼」インタビューカット

 『沈黙の艦隊』『ジパング』といったヒット作で知られる漫画家かわぐちかいじの原作を、『沈まぬ太陽』の若松節朗監督が映画化した『空母いぶき』。本田は、ネットニュースの記者の裕子を演じる。航空機搭載型護衛艦《いぶき》での取材中に、日本の領土が国籍不明の武装集団に占領されるという、戦後日本最大の危機に居合わせることになる、映画オリジナルのキャラクターだ。

 本田は裕子を「普通の女の子」だと捉えた。「なんとなく今の職場に受かって、なんとなく先輩について行ったりしている子。かといってだらしないわけではなくて、真面目にやってはいるのだけれど、強い正義感があるわけでも、意欲があるわけでもない。平凡な女の子。若松監督とも、そうした裕子がどう動くのかを大事にしていきましょうと、お話しました」と語る。


 そして裕子は、“いぶき”での体験を通して、成長していく。「こんな非常事態が起きたら、帰りたいと思うのが普通ですよね。裕子も“いぶき”を後にしようとします。でも残ると決めるんです。ジャーナリストとしての意識というか、義務感みたいなものが芽生えた瞬間だったのだと思います」と裕子の決断を振り返った本田。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access