クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

『天気の子』ヒロイン・森七菜 オーディションの強さの秘密「嫌われたっていい」

アニメ・コミック

映画『天気の子』でヒロインの声を務める森七菜
映画『天気の子』でヒロインの声を務める森七菜 クランクイン!

 『君の名は。』から3年。新海誠監督が放つ最新作アニメーション『天気の子』が公開になる。ヒロイン・陽菜を務める森七菜は、ドラマ『獣になれない私たち』や『3年A組-今から皆さんは、人質です-』などでの好演で一気に注目を集め、来年公開の岩井俊二監督作『Last Letter』をはじめ、今後も公開作がめじろ押し。17歳の新進女優だ。

【写真】17歳の美少女 くるくると表情を変えて見せる森七菜

 『天気の子』では、主人公・帆高役の醍醐虎汰朗と共に2000人を超えるオーディションを勝ち抜いたが、実は彼女、これまでにも多くの役をオーディションによってつかんできた。そんな森が「嫌われたっていい」と体当たりで臨むオーディションの心構えを語った。


 天候のバランスが崩れた時代に、家出少年の帆高と、不思議な力を持つ少女の陽菜が出会い、自らの生き方を選択していく本作。オーディション用の台本を受け取った森は、事前に猛練習をしたという。

 「台本に書き込みをしたり、スマホにセリフを何度も吹き込んで聞き直したりして、音をつかもうとしました。今の自分もまだまだですし、当時の私は今思うと本当に全然でしたが、出来ることはやりきってからオーディションに臨みました」と振り返る。

 ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』と映画『Last Letter』で共演し、『君の名は。』では主演を務めた新海作品の先輩・神木隆之介にはアドバイスを仰いだ。

 「声優さんのお仕事は、どういうところがポイントですか? とお聞きして。お芝居とは違う声の抑揚の付け方とか、“自分が気持ちいいと感じるように読んでみるといいよ”といった具体的な助言をたくさんいただきました。それから『七菜ちゃんの声はステキだから、絶対大丈夫だよ!』と言っていただいたことが自信につながりました」と笑顔を見せる。



 実際のオーディションは、これまでと同じ精神で臨んだ。

 「オーディションのときは、“(相手には)もう二度と会わないんだから”というつもりで立ちます。ぐちゃぐちゃな変な顔を見せたって、それで嫌われたっていい。恥ずかしいから繕ってといったことは絶対にしません」。

 同じくオーディションで勝ち取った『Last Letter』のときにはこんなことも。

 「岩井監督の作品が大好きで、この機会を逃したらもうお会いできないかもと思って、自分のオーディションなのに『岩井監督は、あんなに自然でリアルな映画をどうやって作られているのですか?』と逆に質問しちゃったんです。そうしたら『別に僕は何もしてないけどなぁ』と言われて、『あ、落ちたな』って(苦笑)。受かって良かったですし、実際の現場で、監督の作品の空気を感じることができました」。

 そして『天気の子』にも合格。もちろん神木へ報告もした。

 「『わー! 七菜ちゃんがヒロイン! やったね、おめでとう!  絶対に大丈夫だと思ってたよ』と、すごく喜んでくださいました。本当に優しい方で、とっても救われました。神木さんは私のヒーローです。映画が公開されたら、神木さんにもぜひ観ていただきたいです」。

1ページ(全2ページ中)

関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access