クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ジェームズ・マカヴォイも「NO!」 一般人に声をかけられた驚くべき場所とは…

映画

映画『世界の涯ての鼓動』場面写真
映画『世界の涯ての鼓動』場面写真(C)2017 BACKUP STUDIO NEUE ROAD MOVIES MORENA FILMS SUBMERGENCE AIE

 『X‐MEN』シリーズで知られるジェームズ・マカヴォイが、『エクス・マキナ』(2015)、『トゥームレイダー ファースト・ミッション』(2018)のアリシア・ヴィキャンデルと共演した、巨匠ヴィム・ヴェンダース監督作『世界の涯ての鼓動』。本作で、爆弾テロを阻止しようとする諜報員を演じたジェームズに、ヴェンダース監督やアリシアの印象、俳優としてのスタンス、さらに有名人ならではの仰天エピソードなどを語ってもらった。

【写真】ジェームズ・マカヴォイがラブシーンを演じた美女、アリシア・ヴィキャンデル

―― ヴィム・ヴェンダースから本作で声がかかったことに驚いたそうですが。

 この映画をめぐって一度会った際、彼はあまりしゃべらず、僕が1人でしゃべる感じだった。45分もね。僕は内心、「自分はこの役をもらえないんだろう」と思った。それで最後に「役をいただけたらうれしいですが、そうじゃなくても気にしませんので、お気を遣わずに。ご無事にベルリンにおかえりください」と言った。だから次の日に電話をもらったとき、驚いたんだよ。

(C)2017 BACKUP STUDIO NEUE ROAD MOVIES MORENA FILMS SUBMERGENCE AIE
―― ヴェンダース監督の印象をお聞かせください。

 リラックスしているね。実は撮影中、彼はプライベートでもビジネス面でも大変なことに直面していたんだ。映画のお金のことでね。だけど彼は決してギスギスしなかった。常に落ち着いていた。僕はそこがすごいと思う。経験が豊かだからだと言ってしまうのは簡単だけど、それだけじゃないよ。

―― 今作をやりたかった理由は何ですか?

 頭が良く、それぞれが自分の哲学や信念を持ち、かつ知識の深い2人の人間のラブストーリーというところが気に入ったんだ。彼らの会話には、常に、彼らしい考え方が垣間見える。そういう会話は恋愛映画にいつも出てくるものではない。そこは難しい部分だが、だからこそ興奮を感じた。

(C)2017 BACKUP STUDIO NEUE ROAD MOVIES MORENA FILMS SUBMERGENCE AIE
―― 共演したアリシア・ヴィキャンデルの印象はいかがでしたか?

 アリシアはアメージングな女優だ。彼女はいつも自分なりのアングルを持って役に挑む。いい役者は誠実で、真実に迫ろうとするもので、彼女はまさにそう。そして毎回、微妙に違うことをやるんだ。それが彼女をただ優秀なだけでなく、興味深い役者にしているのさ。それはすごくプロフェッショナルなことだと思う。彼女はとても仕事熱心で、周囲の人間をも同じ気持ちにさせてしまうほどだよ。

1ページ(全3ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access