クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

沢村一樹&志尊淳、『おっさんずラブ』チームは「熱量がすごい」

映画

  • twitter
  • facebook
沢村一樹&志尊淳、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』インタビューフォト
沢村一樹&志尊淳、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』インタビューフォト クランクイン!

関連 :

沢村一樹

志尊淳

 おっさん同士の純愛を描いたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)はなぜ多くの人を魅了するのか――。『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』で新キャストとして、田中圭、吉田鋼太郎、林遣都と“おっさん同士のラブ・バトルロワイアル”を繰り広げた沢村一樹と志尊淳は「さまざまな熱量がすごい」と言及する。そこには座長・田中のナチュラルさや現場の団結力があるようだ。

【写真】劇場版から『おっさんずラブ』チームに新たに参戦した沢村一樹と志尊淳

 モテない独身ダメ男・はるたんこと春田創一(田中)と理想の上司・黒澤武蔵(吉田)、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林)の三角関係を描き、春田と牧のハッピーエンドでラストを迎えたドラマ版。劇場版ではその後が描かれ、沢村は牧の新たな上司で春田の強敵・狸穴迅、志尊は春田を慕う新入社員・山田正義(ジャスティス)を演じている。

 人気作の続編ということで「楽しみが大きかった」と語る沢村だが、撮影が進むにつれ気持ちに変化が。「ファンの方の好き度が濃くて熱量も高い。それがこの現場から生まれたんだなと改めて感じ、プレッシャーが強くなりました」と振り返る。逆に撮影前にプレッシャーを感じていたという志尊だが、そこを払拭したのが共演経験のある田中の気遣いだったと言う。「圭くんが初日に僕が悩んでいるのを察してくださり、食事に連れて行ってくれて。その時に『受け止めるからなんでもやってこい。別にお前は心配してないから』と言われ、安心したんです」とはにかむ。


 また、志尊は田中をはじめキャストの団結力にも刺激を受けたと回顧。同世代の金子大地に闘争心を沸かせるような言葉をかけられたりしたそうで、「みんなの熱がすごくて。圭くんを中心にキャスト同士で切磋琢磨できる環境ができあがっていて。でもそれが燃えるんですよね」と打ち明けると、沢村も強く同意する。

 沢村は田中のことを「いつも全身全霊」と表現。「体でぶつかってくる芝居をし、相手のスイッチを入れるのが上手い。はるたんにピッタリで、いい意味でセリフなのか、アドリブなのか分からない。あのナチュラル感は圭くんの持ち味だし、マネしようとしてもできない」と賛辞の言葉を贈り、志尊も「圭くんとのお芝居は楽しくて仕方なかったですね」と笑顔を見せる。


 劇中では、春田、部長、牧、狸穴、ジャスティスがサウナで鉢合わせするシーンも見どころの一つだが、志尊は「僕が現場に入ったら、温度が5度ほど上がってて(笑)。セットが揺れて崩れるかと思いました」と当時の空気感を熱弁する。

 牧と部長の感情がぶつかり白熱しつつも笑えるシーンだが、沢村は「遣都くんが決まっていた内容を無視するんです。そして鋼太郎さんがそれにぶつかり、めちゃくちゃ面白かったですね。遣都くんは憑依型だから役に入っちゃったんじゃないかな。でもそれはドラマのときに圭くんが遣都くんのスイッチを押してあげたからだと思います」と分析。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv