クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

木村拓哉、“教場”を通じて注いだ「全力の愛情」 “教え子”たちとの絆を明かす

エンタメ

スペシャルドラマ『教場』で主演を務める木村拓哉
スペシャルドラマ『教場』で主演を務める木村拓哉(C)フジテレビ

 俳優の木村拓哉の白髪のビジュアルが放送前から話題を呼んでいるスペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系/1月4日、5日2夜連続21時)。警察学校の冷徹な教官役という、これまで演じてきた役柄とは異なる立場、内面を抱えた主人公を演じ、作品を背負った木村は、警察学校の教え子役の若き俳優陣との撮影の日々を「ドキュメンタリーのようだった」と振り返る。

【写真】生徒役で大島優子、川口春奈らが出演『教場』場面カット

 本作は、長岡弘樹の警察小説『教場』が原作で、シリーズ作品初の映像化。警察学校という密室の中で、木村演じる教官・風間と生徒たちとのさまざまな人間模様が描かれる。

 自身が演じた風間公親について「(警察学校という)エネルギーに満ちあふれている環境で、その人だけどこか無機質で、みんなが脈打っているのに、彼だけは生物ではなく“静物”としてそこにいるようなイメージ」と語る木村。

 風間が時に見せる非情な一面、規律と上下関係に何より重きを置く警察学校のあり方は一見、前時代的なものにも映るかもしれない。だが、風間や生徒たちの姿を通じて、いまの世の中に、本当の優しさとは何か? を問いかける。

 「僕が小学生の頃は道徳の授業で『相手のことを考える』『相手の痛みを知る』ということを学んだけど、いまはそれがスキップされている部分があると思う。ダブルタップで『いいね!』ができて、『これ好き』『これ嫌い』『これキモい』といった言葉が空中を飛び交っているけど、そこには責任が一切生じない。そんな今の時代に、風間公親は全てに対して自分で責任を取ろうとしている。それは、ちょっと言葉は重いけど『全力の愛情』だと思います」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access