クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

令和2年は“るろ剣イヤー”! ついに迎える最終章 小岩井宏悦P「とにかく観て驚いてほしい」

映画

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』ティザービジュアル

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』ティザービジュアル(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

 令和2年を迎えた日本。夏にはなんといっても世紀のビッグイベント・東京オリンピックが控える。そんな中、時期を同じくして、邦画屈指のアクション大作『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』が満を持して2作連続で公開される。4月にはマンガ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の誕生25周年を記念した展覧会「るろうに剣心展」の初開催も決定しており、今年は“るろ剣イヤー”でもある。いよいよヴェールを脱ぐ最終章は、果たしてどのような結末を迎えるのか。シリーズを手掛けてきた小岩井宏悦プロデューサーに手応えを聞いた。

【写真】『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』フォトギャラリー

 『るろうに剣心 最終章 The Final』では、志々雄真実との死闘を終え、神谷道場で平和に暮らしていた剣心たちに再び危機が訪れ、シリーズ最恐の敵・縁(えにし)との因縁の戦いへと展開。そして、映画はこれまで語られることのなかった剣心の壮絶な過去を描く『るろうに剣心 最終章 The Beginning』へと続いていく。

――2020年夏、最終章がいよいよ2作連続で公開されます。しかし、東京オリンピックも同じ時期に開催です。話題性を考えたときに、同時期の公開を避けるという選択肢もあったかと思いますが、あえて夏に公開をぶつけた狙いは?

小岩井P:2020年オリンピックイヤーの夏に公開できるということを、大変誇りに思っています。明治という新しい時代を作るために戦った維新の志士たちと、日の丸を背負って戦うオリンピックアスリートたちの姿が被り、お客さんの鑑賞意欲にもつながると信じています。

 訪日外国人にも観てもらえるチャンスでもありますし、昨年、平成から令和に元号が代わり、まさに江戸時代から「明治」に変わった時代感もシンクロして、どこか運命的なタイミングだと思っています。

――『The Beginning』は、アニメの「追憶編」にあたります。「追憶編」は、剣心の十字傷のカギを握る女性・雪代巴との出会い、そして逆刃刀を持つ前の暗殺者時代の剣心を描き、異色の映像と演出で非常に高い人気を誇っている作品です。実写化することへの重圧はありましたか?

小岩井P:「剣心と巴の物語を描く」というのは、剣心という人間を描くために第1作目から必ず出て来たアイデアで、「ようやっとその時が来た」という喜びの方が大きく重圧はありませんでした。

 『The Beginning』は、 時代背景や剣心の背負っているものも違いますが、「他人のために生きる」というシリーズに通底するテーマは同じです。剣心が持つのは逆刃刀ではなく真剣なので、アクションもより生々しく、よりパワフルになっており、「るろうに剣心」としてのスピリットは同じです。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access