クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

久保田紗友、クールビューティーな20歳 「変顔もしちゃう」意外な素顔

映画

久保田紗友
久保田紗友 クランクイン!

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』やドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)など話題作で演技派として存在感を発揮し、注目の若手女優となった久保田紗友。新田真剣佑と北村匠海がダブル主演を果たした映画『サヨナラまでの30分』では、悲しみを抱えたヒロインをみずみずしく演じている。キリリとしたまなざしも印象的なクールビューティー。しかし、「大人っぽく見られることが多いのですが、普段の私は変顔とかもしちゃうし、会ってみると“意外だね”とよく言われます」と笑うなど、そのギャップも大きな魅力。今日1月18日に20歳を迎え、さらなる飛躍が期待される久保田の素顔に迫る。

【写真】インタビュー中、輝くような笑顔を見せてくれた久保田紗友20歳 撮り下ろしフォト集

■つらいことも表には出したくないタイプ

『サヨナラまでの30分』より 久保田出演シーンのメイキングカット(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
 本作は、人と関わることが苦手な颯太(北村)が、1年前に亡くなったバンドのボーカル、アキ(新田)が遺したカセットテープを拾ったことから始まる青春音楽ラブストーリー。カセットを再生する30分だけアキと颯太がひとつの体を共有する。この“入れ替わり”をテーマに、音楽や誰かを愛することなど、人生の機微が描き出されていく。久保田はアキの生前のバンドメンバーで、恋人でもあったカナを演じた。

 恋人を亡くした過去を抱え、頑なになってしまったカナの痛みを体現した久保田。カナについて「アキが亡くなってしまい、カナはその悲しみを周りに知られたくないと思っている女の子。ほかのことに集中するように生活をして、弱い部分を見せないようにしているんです。でも内心はすごく繊細な痛みを抱えている」と分析するが、「私もつらいことがあってもあまり表には出したくないと思っているタイプなので、そういったところはカナに似ていると思います」と共感できる面も多かった様子。

 アキだけでなく、颯太にとっても大切な女性となっていくカナ。新田や北村との共演の感想を聞いてみると、「新田さんは、休憩時間もずっとギターの練習をされていました。本当にストイックな方で、尊敬しています」と明かし、「北村さんと私はピアノの連弾シーンがあったのですが、待ち時間も2人でピアノの前に座って練習をしていました。その時間にとても距離が縮まって、カナをとても演じやすくなったんです。現場を和ませるような雰囲気もあって、新田さん、北村さんから、主演としてのあり方を学んだような気がしています」と刺激の多い現場となったという。

■北海道から母と上京 「後戻りはできない」女優への覚悟


 「テレビに出てみたい」という漠然とした興味から、地元・北海道で芸能活動をスタートさせた久保田。「事務所で演技レッスンを受けて、女優さんの道に進みたいと思ったんです。私の母はいつも“自分の好きなことをやっていいよ”と言ってくれるんです。“その代わり、責任は自分で取りなさい”と。今は違いますが、当時は母も一緒に上京してくれたので、“もう後戻りはできない”と女優への覚悟が決まりました。母のおかげで、強くなれています」と感謝する。女優業の醍醐味(だいごみ)として感じているのは、本作で新田や北村と出会えたように「たくさんの刺激をもらえること」なのだとか。「作品によっていろいろな方と出会えるし、役によってたくさんのチャレンジもできる。今回は半年にわたってピアノを弾く練習をして、その楽しさを知りました」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access