クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

竹内涼真「田村心は幸せだったんじゃないかな」『テセウスの船』最終回は「僕は好きな結末」

エンタメ

『テセウスの船』場面写真
『テセウスの船』場面写真(C)TBS

 予想を超える展開と感動を呼ぶ家族愛が“泣けるミステリー”として評判を呼び、ネットを中心に黒幕探しも過熱するなか、日曜劇場『テセウスの船』(TBS系/毎週日曜21時)がいよいよ今夜最終回を迎える。運命に翻弄されながら、あきらめずに真実を求め戦い続ける主人公を熱演する主演の竹内涼真に、クランクアップを迎えた心境と最終回の見どころを聞いた。

【写真】家族を守るため…田村心の奮闘は実るのか?『テセウスの船』プレイバック

 1989年と2020年を行き来し、自分が生まれる前に起きた殺人事件で逮捕され、死刑囚となった父の冤罪を晴らそうとする田村心(竹内)が家族の未来を守るために奮闘する姿を描く本作。取材前日にクランクアップを迎えたばかりという竹内は、約4ヵ月間の撮影は「あっという間じゃなかったです」と笑う。「主人公に起こっている大変なことを分かっていただくために、どうリアクションしたら視聴者の皆さんを物語に引き込むことができるのかということを大切にしたいと思っていたので、現場で田村心として毎回ブレずに気持ちを持っていくことや集中を切らさずにやり続けることがとても大変でした」と振り返る。

『テセウスの船』場面写真(C)TBS
 演じた心については、「不器用だし、人に対するものの伝え方や、やっていることが正解なのかと言われると分からない」と評す。だが「彼の発する言葉だったり、彼のとる行動は人を動かす力がある。それくらい家族を守りたいという気持ちが誰よりもある人間ですし、1話から最終話まで一回もあきらめていない。僕はそこを一番大事にして演じました」。

『テセウスの船』場面写真(C)TBS
 過去と現在で何度も絶望の底に叩き落とされる心だが、演じる竹内にとって一番精神的にきつかったシーンは、意外にも第1話、タイムスリップする前だという。「30年間殺人犯の息子として生きてきて、自分の唯一の味方である奥さんが冒頭で死ぬじゃないですか。それって彼の人生の中でものすごいきついことだったと思うんです。そこから物語が展開していくので、立ち上がりが一番きつかった。奥さんが亡くなって、生まれたばかりの子供を抱いて、どうしたらいいか分からない状況で…。どれくらい彼は追い込まれなくてはいけないのかという、過酷な人生を探るまでが一番大変でしたね」と明かす。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access